2008年05月13日

LANコンセントの設置

スカパー光設置(通信編)の前準備として各部屋にLANコンセントを設置しないといけません。
通常、LAN工事を電器屋に頼むと松下電工のぐっとすシリーズを設置される場合が多いと思います。というのもコンセントや照明スイッチ類も松下のコスモワイドシリーズを採用している家が多いと思われるので、それを取り扱う電器屋さんが同じ松下の商品を使うのは至極当然の流れです。

標準仕様に含まれているコンセントやスイッチは変更するほどこだわりがあるわけではありませんが、LANコンセントについてはどのみちカテゴリー6に変更(標準はカテゴリー5)するつもりだったので、どうせならあまりネットに情報がないPANDUITを採用しました。一般の人にはあまり聞き慣れない企業名だと思いますが、企業ネットワーク向けのケーブルやラックシステムでは有名な会社です。

LANコンセント構成機器は以下のとおりです。
CJ688TP(CAT6 モジュラージャック)
JAOSSPTPMW(CAT6 JISプレート用シャッター付ジャックキット)
AFC6-0508(CAT6用LANケーブル)

では実際に設置の流れを簡単に記述してみます。

まず用意したのは通線工具です。
m_lan01.jpg
工務店の標準仕様では各居室までの配管は入ってましたが、呼び線入りは別費用となっていました。呼び線がなくてもCAT6の固いケーブルだと通る可能性もありましたが、電話線などもありましたので通線用のワイヤーを購入しました。

それではいよいよ設置作業です。

まずはコンセントパネルのプレートを外します。写真が切れていてわかりずらいですが、右上がLANコンセント用にブランクになっています。
m_lan02.jpg
プレートを下から見ると2箇所(プレートの大きさによっては3箇所)凹んだ部分があるので、そこにマイナスドライバーを少し突っ込んで手前に引っ張るとパチンと音がして外れます。

↓がプレートを外した状態です。右上の部分にLANコンセントを設置するためのスペースがあります。
m_lan03.jpg

ここのコンセントでは上の部分に空の配管が来ています。配管に通線ワイヤーを入れて押し込んでいきます。
m_lan04.jpg

すると集中配管の収納棚の方から押し込まれた通線ワイヤーが出てきました。
m_lan05.jpg

この出てきたワイヤーにLANケーブルをくくりつけます。

↓このケーブルの端を
m_lan06.jpg

↓通線ワイヤーの穴に通して
m_lan07.jpg

↓ビニールテープでぐるぐる巻きにします
m_lan08.jpg

また居室の方に戻り、通線ワイヤーを引っ張ります。
すると通線ワイヤにくくりつけられたケーブルが居室まで引っ張られてきます。
m_lan09.jpg

↓テープを外すとこんな感じ
m_lan10.jpg

このケーブルにJAOSSPTPMW(CAT6 JISプレート用シャッター付ジャックキット)を取り付けます
m_lan11.jpg

袋を開けると3つの部品で構成されている事がわかります。
m_lan12.jpg

まずはケーブルの皮をむきます。専用工具で挟んで1〜2周回転させます。(刃の位置の調整は事前に済ませておきましょう)
m_lan13.jpg

するとこんな風にきれいにむけます
m_lan14.jpg

今回のケーブルでは十字介在のプラスチックがケーブル内にはいってます。
m_lan15.jpg

その部分は邪魔になりますのでニッパーで切ります。
m_lan16.jpg

LANコンセントの部品の1つにケーブルを通します。
m_lan17.jpg
部品のところに書いてあるAもしくはBのカラーパターンがそれぞれの線の位置を示しています。各居室のパターンは全部同一にしましょう。ちなみに我が家ではBパターンを採用しました。

ケーブルを通した後にヨリを戻し、所定の位置に各線を押し込みます。
m_lan18.jpg
上下のはみ出た線はニッパーで綺麗に切断します(写真撮り忘れてしまった)

もう1つの部品を↓のように接合します。この時点では軽く通すだけでいいです(※次の工程で工具を使って圧着するので無理矢理手で押し込まない)
m_lan19.jpg

線をきちんと圧着するために成端工具(CGJT)を使用します。
m_lan20.jpg

成端工具を↓の図のようにセットします。
m_lan21.jpg

右側の部分をパチンと音がするまで押して真っ直ぐにします。
これで圧着完了です。
m_lan22.jpg

次にJISプレート用のシャッターキットを付けます。
これは単純にはめるだけです。
m_lan23.jpg

これで居室側のLANコンセントは完成です。
m_lan24.jpg

コンセントボックスにはめこんでプレートを元に戻すと完成です。
m_lan25.jpg


次は収納棚側のケーブルの処理です。こちらは直接RJ-45のプラグにしてもいいんですが、専用工具が必要になるのと見栄えがあまりよくないため、こちらもモジュラージャックにします。
という事でCJ688TP(CAT6 モジュラージャック)を使用します。
m_lan26.jpg

このCJ688TPは居室側で使用したJAOSSPTPMWのJISプレート用シャッターがないだけです。なので結線の方法は先程と同じなので割愛します。
m_lan27.jpg

最後にテスターを使って配線に間違いがないか確認します。
数千円のテスターなので速度などの計測は出来ませんが、本格的なテスターはそれだけでも数万円が軽く飛んでいくのでここは簡易式で我慢です。でもRJ-45プラグでかしめるんじゃなくて、CJ688TPを使用するんだったら不要だったかもしれません。それ程CJ688TPは簡単です。
ただし、ここでケーブルが問題ない事を確認しておけば、実際にパソコンを繋いでも繋がらないという事態になった時に問題の切り分けがしやすくなります。
m_lan28.jpg
m_lan29.jpg

我が家ではLANコンセントを6箇所に設置したのでこの作業を6回繰り返しました。慣れてくるとコツが掴めてくるので1回目と6回目では作業スピードも結構違ってきました。

これで各居室の準備はととのいました。次はいよいよスカパー光設置(通信編)です。
posted by けい at 00:15| Comment(7) | マルチメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

スカパー光設置(映像編)

スカパー光は地上波(デジタル・アナログ)、BS(デジタル・アナログ)、CS(デジタル)の放送データを光ケーブルで届けてくれます。それを回線終端装置(テレビ用)で同軸ケーブルに変換しています。今回の配線ではそこからBSデジタルアップコンバータを経由して、分配機兼ブースターで各部屋に配線します。

自分で配線とはいいながら、集中管理棚から各部屋への同軸ケーブルは電器屋さんが既に配線済みです。写真左のグレーのケーブルが同軸ケーブルです。

IMG_2314.JPG

映像のスタートは回線終端装置(テレビ用)です。
右下にある2本のケーブルは光ケーブルで1本が引き込み線からのケーブル(入力)、もう1本が回線終端装置(インターネット用)への接続ケーブル(出力)、そして左下にある白くて太いケーブルが同軸ケーブル(出力)となります。
V-ONU(V).jpg

回線終端装置(テレビ用)から出力された同軸ケーブルを写真下にあるBSデジタルアップコンバータに接続します。BSデジタルアップコンバータは入力されたデータをBS/CSデジタル用(記述はBS-IF用)とそれ以外(記述はCATV用)の2種類で出力します。
ここでCATV用出力をTVのアンテナ端子に接続すると地上波が見れるんですが、それだと1台しか見ることが出来ないので、それぞれの出力を分配機兼ブースターに接続します。(施主購入の機器に関してはこちらの記事を参照してください)
Eizo.jpg

分配機兼ブースターの上部には8つ出力端子があるので、そこに電器屋さんが配線してくれた各部屋へ繋がっている同軸ケーブルを接続します。映像に関してはこれで完了です。これで各部屋で出ているTV端子から地上波のアンテナ端子に接続すれば地上波が、BSデジタルのアンテナ端子に接続すればBSデジタルが、スカパー光チューナーのRF入力端子に接続すればスカパー光が視聴出来ます。

スカパー光は200ch(インフォメーションch)が映っていることを確認して、スカパー光のカスタマーセンターに連絡するとここから約2週間、全チャンネルが無料(PPVは除く)で視聴出来ます(その間に契約したいチャンネルを選んでくださいねという事です)


スカパー光設置(通信編)へ続く
posted by けい at 23:25| Comment(8) | マルチメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカパー光設置(事前調整)

NTTがひかりTVに鞍替えすると思われるので先行き不安なスカパー光ですが(笑)、当初の予想通り設置完了したので設置工程をまとめてみます。

【使用方法】
我が家の場合以下のような配線方法を前提としました。
・各居室、リビング、キッチンにTV端子。リビングは2端子
・各居室、リビング2箇所、キッチンにLAN端子(1000BASE/T)
・リビングに2箇所、自分の居室に1箇所の電話端子
・固定電話はひかり電話
・回線終端装置、ルータ、ブースター、HUBは廊下の収納棚で集中管理

【申込】
申込みはNTT東日本のホームページから行いました。Web申込みキャンペーンのため、FLET'S光、スカパー光とも新規だと以下の特典が付いてきます。使用するプロバイダもここで選択します。
1.フレッツ光の新規加入料(840円)が無料
2.スカパー光回線工事費(20,790円)が無料
※テレビ接続工事費は別途かかりますが、自分でやるならかかりません。
3.プロバイダ料金最大5ヶ月無料(ASAHIネットの場合)

さらに私の場合、元々アンテナで視聴する「スカパー」からの移行になるのできちんと手続きを踏めばスカパー光の新規加入料(2,940円)も無料になります。(手順が少し面倒なので後で詳しく説明します)

【工事日と電話番号決定】
Web申込み後に数日経つとNTTから工事日の連絡がきます。年度末は工事が混み合いますので早めに申し込んだ方が良いです。私は4月5日が希望だったのですが、結局4月13日になってしまいました。
ひかり電話の電話番号もこの時に決定します。空いている電話番号を3つ言われるのでその中から選びます。

【プロバイダ接続資料到着】
時期は忘れてしまいましたが、フレッツ光の工事前にプロバイダの接続情報が届いていました。インターネットに接続するためのIDとパスワードなどが記載されています。

【スカパー光チューナー到着】
工事の1週間位前にスカパー光のチューナーとBSデジタルアップコンバータが届きます。届いたのは使い勝手が悪いと評判のHUMAX製です。HUMAX製は東芝のHDD/DVDレコーダーとのスカパー連動が上手くいかないとネットで情報を得ていたので、サポセンに電話してSONY製へ変更して貰いました。サポセンの担当者からは故障した場合、次もSONY製になる補償はないと言われ、さらにHUMAX製を送り返す送料はこちら負担という条件でしたが、スカパー連動が出来ないのは大変不便なので交換して貰いました。

【フレッツ光・スカパー光工事】
4/13(日)の午後にフレッツ光の工事を行いました。この日は食器棚吊り上げ作業と玄関収納棚補修作業も入っていてトリプルブッキングです(^^; 予定では少しずつ時間がずれるはずだったのですが、NTTもアートも予定より早く来たため3業者の対応でてんやわんやです。フレッツの工事自体は光ケーブルを壁の引き込み穴から収納棚の上部に引き込んで、スカパー光用の回線終端装置、インターネット用の回線終端装置兼ひかり電話用ルータを接続して、業者さんの端末でチェックして終了です。

実際に各部屋へのテレビ配線やLAN配線は自分でやりましたので、映像編と通信編に分けて作業内容を書いてみたいと思います。

スカパー光設置(映像編)へ続く
posted by けい at 22:29| Comment(0) | マルチメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

退去立ち会い

引越数日後の土曜日。賃貸の退去立ち会いです。
敷金は2ヶ月分払ってありますが果たしてそこからいくら戻ってくるのか。

我が家は大東建託の賃貸だったので大東建物管理という会社の人が見に来ました。早速建物をチェックしてもらいます。
ちなみに入居期間は7年間。新築の状態で入居しました。
元々近所に住んでいて、もう少し広いところに引っ越したいと思っており、たまにネットで近所の物件をチェックして見つけた物件です。見つけた当時はまだ建物がない状態でしたが、間取り図が2種類(1階と2階で広さが違う)出ていたので連絡して入居したい事を伝え、どの部屋にするかは建物が出来て実際に見てから決める段取りでした。2棟12部屋ありましたが、多分一番乗りだったと思います。

話が少し飛びましたが新築状態での引き渡しだったので、入居前からこうだったというのがないので、チェックする側からしたら楽なのかもしれません。7年いてそれなりに床や壁にも傷はありましたが、どうやら直前にチェックした部屋がかなりひどい状態だったらしく7年済んでた割には綺麗にしてますねと言われました(^^;

請求された費用は以下の5つ
1.基本クリーニング代
2.鍵交換代
3.エアコン穴の蓋代
4.クロス傷補修代
5.床(CF)補修代

ネットで調べると敷金は全額返して貰えるものだという書き込み等もありますが、基本クリーニング代と鍵交換は契約書にも書かれているので払わざるを得ないと考えていましたので問題なしです。
エアコン穴の蓋というのは、元々エアコンが付いてない部屋(穴は開いており樹脂製の蓋がしてあった)に後からエアコンを付けており、退去時にはエアコンも撤去したのですが、元から付いていた蓋を無くしてしまっていたのでその費用となります。これも当然ですね。

争点はクロスと床の補修代です。少しの汚れや家具を置いて家具の重みで凹んだ分なんかは通常の生活で起きる範囲なので請求されないとの事でしたが、クロスが少し欠けてめくれた部分があったり、床にも家具の引きずり跡や、相方と喧嘩した際に相方が床に投げつけた食器で付いた傷等がありました(怒ると怖いんです・・・)
補修には職人を呼ぶので最低施工面積というのがあって床が10平米でクロスが15平米だったかな。その範囲内で収まるのでその分を負担して欲しいとの事でした。
7年も済んでいるのだからどちらにしろ壁も床も全部張り替えるのだろう(実際3月末に引っ越した他の部屋は床を全部張り直し作業してるのを見ています)から全部大家負担にならないのかと聞いたところ、借主がつけた傷分については借主負担になるとの事。
とは言えこっちも新居で色々費用がかかる身です。担当の方も人柄がよさそうな方で色々と交渉した結果、床分は負担してクロス分はなしということでまとまりました(ちなみにクロス分の方が高かったです)
結果として12万弱戻ってくることになり、これは大きかったです!
うちの新しいテレビの値段とほぼ一緒です(^^;


4月12日に退去。4月下旬にはクリーニング工事完了したとの報告書が郵送されてきており、本日たまたまその物件の前を通ったんですが既に新しい方が入ってました。7年済んでいたので他の住人達が引っ越していったのを何度も見ていますが、必ず1ヶ月経たないうちに次の入居者が入っています。立地条件がいいんでしょうね。

7年間お世話になりました!
posted by けい at 18:26| Comment(0) | 引越し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

引越を振り返る(その2)

新しく買った食器棚(W70xH210xD45サイズが2つ)が階段で2階に上げるのは無理だと判明したので、アートさんに電話して吊り上げ作業の費用見積もりを出して貰うことにしました。

引越作業をしてもらった作業員さんの話だと吊り上げには3名が必要になるので2つで3万位かかるんじゃないかという話だったので結構痛い出費となります。支店に電話して営業さんに状況を伝えると、「すぐに見積もりして折り返し連絡します」と言ったら本当に10分位で連絡が来ました。見積もり結果は15,750円(税込)!

嬉しいけどなんで半額にもなるの?と思ったら
「ただし条件がありまして・・・」
「引越のお客様には1度だけ家具の無料移動サービスというのが付くんですが、それを相殺させていただいてこの値段ということでどうでしょうか?」

ちょっと頭の中で考えます・・・・・

『家具移動サービスは引越の時にあった家具が対象(引越後に買った家具は対象外)』
『今後は家具移動があったとしても同じフロアでの移動だろうし、それなら自分達だけでも可能ではないか』





「それでOKです!よろしくお願いします」



作業日当日、引越の時とは別の作業員さんが3人来ていただき、1階の部屋の掃き出し窓から搬出し、家の反対側まで運んで2階のベランダから搬入という作業を2階繰り返します。単に2階だけ運ぶのではなくぴったり壁に設置して連結作業までやっていただきました。
もちろん養生もしっかりしてました。他の引越業者さんに頼んだ事がないので比較は出来ませんが、次に引っ越すとき(もう無いことを祈るけど)はまたアートさんに頼もうと思える位良い感じでしたよ。



さて、引越が終わったと言っても段ボールの山は残っている訳で・・・・これは連休中に頑張って少しでも減らして、アートさんに空の段ボールを引き取りに来て貰わなくては(大体引越後1ヶ月位まで受け付けてくれるそうです)
posted by けい at 20:09| Comment(2) | 引越し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。