2008年11月15日

エコ加湿器

冬は乾燥するので(暖房のせいもあるのかな)寝室に加湿器を購入する事にしました。でも寝室のコンセントにはいろんなものが既にささっているのでこれ以上電化製品を増やしたくない。寝室のコンセントも増やすべきだったなぁと思いましたがいまさら後の祭りなので電気を使わない加湿器にしてみました。

ケース付も売っていますが1000円以上高かったのでフィルターのみを2色購入。鉢カバー(IKEAで1個49円で購入)に入りきらなかったので半分に切ったので4つも出来ました。効果はamazonのレビューでも賛否両論でしたが6畳の部屋に4つ(実質2つ分ですが)置くと湿度が15%くらい上がりましたよ!

ただ最近また暖かいので暖房つけてないから暖房つけたらどうなるかですかね〜

posted by けい at 12:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 冷暖房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

半年後くらいかな〜?

向かいにあった財務省管理の変形空き地、半年程前に不動産屋が買って接道している未舗装道路をアスファルト舗装したり、ガス管を引いたりした後しばらく動きがなかったんですが、最近さらに奥の細長い家を買い取って解体。長方形の土地に整形した後に広告が出ていました。

3〜4棟は建つと思うけど、土地が1棟あたりうちより1.3倍強の広さで値段は380万円高いけど建築条件なし。道が細い(突き当たりは行き止まり)ので車を入れるのは慣れるまで大変だと思うけど、広告出てから1〜2週間で売れたみたいで広告がなくなってました。建築条件付だと3ヶ月でプラン考えてさらに3ヶ月で完成ってのが一般的だけど建築条件なしだからもっとじっくり建てるのかなあ(人によりますけどね)。羨ましい反面、380万高いってだけで手が出なかったので羨ましがっても仕方がない。建築条件付きで竣工時に一括支払いってのもかなり助かったしね。

さて、どんな建物が建ってどんな人が越してくるのか。今から少しドキドキです。

posted by けい at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

ゴミ箱

キッチン背面のカウンターの下にゴミ箱を2つ置いてあります。

kcudの大きいほうです。ペダルで開閉できて蓋つきでお洒落なゴミ箱で有名ですね。赤いほうを燃えるゴミ、黒いほうをプラスチック容器用のゴミ箱として使っています。ゴミ分別が細かい地域なので2個じゃ足りませんが、ビン、カンはそんなに量が出ないのでとりあえずは2つで運用してます。

最近は白1色や黒1色のが出てるみたいで、こっちの方がカッコ良くて買い換えたいくらいです。勿体無いので買い換えませんけどね(^^;

オープンキッチンでリビングから近いため今までリビングにはゴミ箱を置いてなかったんですが、リビングに置いてもいいと思うゴミ箱を見つけたので購入してみました。

ビニール袋が見えないごみ箱で有名なTUBELORの四角バージョンでTUBELOR BRICKです。幅31.5cm奥行14.5cm高さ30cmとそれほど大きくはありません。どちらかというと洗面所や寝室向きかもしれませんね。

白いほうをリビング、黒いほうを寝室に置きます。他にもライトブルーやピンクなど全部で7色あるようです。今ちょっと試してみたら缶コーヒーも入る幅なのでこれを燃えないゴミ用にしてもいいかも。悩む・・・・

ちなみに写真の白と黒の境目に隙間があいてるのがわかりますでしょうか?

実は真四角じゃなくて少し台形になってます。かぶせやすいようになのかな?

posted by けい at 01:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

温水ルームヒーター購入

10月も中旬に入りさすがに晩は冷え込むようになってきました。

本格的な寒さが来る前に暖房の準備をしておかなくてはと思い、寝室用の温水ルームヒーターを購入しました。

温水ルームヒーターとは熱源機(ボイラーやTESなど。我が家は給湯にも使用しているTESのエコジョーズ)で暖めた温水を利用して暖めた温風を送出して暖める暖房器具です。

温水は壁に設置してある温水コンセント(写真では電気コンセントの下にあるプレートです)から温水プラグを通して室内機に流されます。寒くない季節は取り外して室内機を片付けることができます。我が家の地域では名前のとおり温水が循環しており、温水が足りなくなると水道から自動的に補完されるそうですが、寒冷地などでは凍結を防ぐために不凍液が入っており、シーズン開始当初には不凍液の補充が必要な場合もあるようです。

リモコンもあります。

パッと見た感想では風量のボタンは蓋の中ではなく表にあるほうが使いやすいような気がするけど実際に使うとどうなんだろうか。表示部明るさボタンは本体上部の液晶のバックライトの明るさが3段階で調整できます。

タイマー機能は入タイマーと切タイマーがあるのでたとえば午前7時にON,午後10時にOFFということが簡単に出来るはず(まだ使ってないので使用感は後日レポートします)

LDKに2箇所と3部屋に1つずつ温水コンセントを設置してますが、今のところ全部の部屋を使うわけではないので、入居の時にヤフオクでゲットしたもう少し大型の温水ルームヒーターをリビングで、今回購入した分は寝室でと2台で運用する予定です。暖かさは問題ないと思っていますがガス代の請求額が増えるのは間違いないですね(−−;

自分なりにいろいろ調べて温水ルームヒーターという暖房を選択しましたが、温水ルームヒーターのデメリットもあげてみましょう。

・設置に工事が必要

 建築時に温水コンセントの工事を行っていないと、温水コンセントの設置工事と熱源機が必要となります。エアコンの取り付け工事みたいな感じで後からも可能ですが賃貸ではなかなか難しいでしょうね。

・立ち上がりが遅い?

 運転開始から温風が出てくるまで数分かかります。これは循環してる水が温水になるまでに少し時間がかかるからだと思われます。リモコンの「速暖」ボタンは使用しないときに温水を保温してくれる機能みたいですが、当然保温するのにガスを使用すると思うのでこの機能は使わないだろうなあ(笑)

 個人的には数分の立ち上がり時間は許容範囲です。エアコンだって床暖だって暖かくなるには少し時間がかかりますからね。

・認知度が低い

 家電量販店ではまず売っていません。家電量販店で売ってるのは灯油ファンヒーターやガスファンヒーター、稀にFF式ストーブでしょうか。今回購入した分は新築のときにお世話になったガス会社の営業さんに連絡して取り寄せてもらいました。お値段は定価の約3割引き程度ですね。温水プラグ付ホースは別売りですがこちらも取り寄せてもらいあわせて4万2000円でした。休日に家まで持ってきていただき設置(つなげるだけですが)もしてくれました。この営業さんとは同い年ですがお世話になっています。この場を借りてお礼申し上げます。

 ちなみに展示はしてないかもしれませんが、ガスのショウルームに行けば説明や取り寄せはしてくれると思います。

・光熱費が高い?

 温水式の床暖房は60度の温水を循環させていますが、温水ルームヒーターは80度の温水を循環させています。20度の差があるのでその分エネルギーを必要とするのは明白です。光熱費どうなりますかね〜

posted by けい at 19:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 冷暖房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

家屋調査来る

久しぶりの更新です(^^;


先日、家宅捜査・・・じゃなかった家屋調査が入りました。
入居して1ヶ月くらいで「都合の良い日程を連絡してください云々・・・」という葉書が入っていたんですが、土日祝日以外(つまり平日)じゃないと駄目っていうんで放ったからしにしてました。さすがにそのためだけに仕事を休む気にはなれません。
8月上旬くらいにもう一度同じ内容の葉書が投函されてたんですが特にあせる事もなく放置。9月中旬に遅い夏休みを取ることが確定したので、9月上旬に電話して家屋調査日を決定しました。

家屋調査当日、市役所から来たのは1人のおじさんだけでした。
必要な図面がよくわからなかったので工務店が建築確認に提出した図面1式のファイルを渡すと、おじさんが必要なページから必要な数字をメモしはじめます。あとは簡単な平面図を用紙に書き出して、それを元に各部屋の間取りを確認して終了。

かかった時間は覚えてないけど1時間もかからなかったな。収納(クローゼットや押入れ)の中までは見ませんでした。収納は特に見なくてもラワン合板で算出してしまうそうです。
なので基本的には建築方法(木造、鉄骨など)と部屋の広さと壁、天井、床の材質で決まるようです。正確ではないですが概算の評価額も教えてもらいました。
後は税金(固定資産税、都市計画税)のお話し。不動産取得税は県税になるので評価する機関が違うのですが、県の評価額はおおよそ市町村の評価の2割増しくらいと仰ってました。
2割増しされても我が家の場合は軽減措置が適用されて不動産取得税は免除になりそうです。

評価額が低くて喜ぶべきなのか悲しむべきなのか・・・・
posted by けい at 22:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。