2008年08月11日

浄化槽保守点検

我が家は浄化槽です。

5月位に業者と点検・清掃の契約を結んでいるのですが、どうやら2回目の点検に来てくれたようです(1回目は契約時に実施)

留守だったので立ち会いはしていないのですが、ポストに「小型合併処理浄化槽保守点検記録票」というのが投函されており、点検項目をの結果を見ると特に異常はなさそう。

年4回の点検と年1回の清掃(汲み取り)で大体3万円前後と見積もっています。結構なランニングコストですが下水道になると水道の使用量に比例して下水道使用量を払わないといけないので結局同じ事なのかな?

下水道化計画はあるようなんですが、あんまり予定通り進んでないような印象です。せっかく設置した浄化槽だし、下水道にするには自宅までの配管工事代もいくらか負担しないといけないようだからもうしばらく浄化槽のままでもいいなあ。
posted by けい at 22:07| Comment(3) | 外構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

補修入りました(門柱復活!)

先週の土曜日に補修工事の方々が来てくれました。

なんと総勢4名です。
・現場監督(階段手摺補修とブランケット交換)
・塗装屋さん(珪藻土の塗りむら補修)
・外講屋さん2名(門柱修復)

一番のメインはこんな状態になった門柱の補修です。

家の中の補修は引っ越し前にSさんに立ち会ってもらい補修を約束してもらっていた場所です。こちらの都合で引っ越して荷物整理が落ち着いてからという事でこの日の作業となりました。荷物整理はまだ半分位しか終わってないけど(笑)

家の中にいたので門柱がどんな風に修復されたのかはわかりませんが、修復完了後完全に乾いたら同じような色になると思いますからと言われて今朝撮った写真がこれ↓
門柱修復.JPG

ちなみに傷ありの状態はこちら↓
門柱傷.JPG

角が少し丸くなったような気もするけど、まあいいんじゃないでしょうか。職人さんと世間話しながら事の経緯を話すと、「費用を払ってくれるなんて珍しいね〜、大体とぼけられるけどね」と言われました。幸運だったのだろうか?傷をつけられて幸運っていうのも変ですが。

珪藻土の塗りなおしと階段手摺のブランケット交換も無事に終わりましたが、手摺の傷(何かをぶつけたような凹み)はリペアでは難しいようで、職人さんも「交換の方がいいよ」という話しになりました。
こっちとしては願ったりかなったりですが、Sさんが「補修で!」と強く言ってたのに大丈夫かな〜? でも補修で直らないんだから仕方ないよね。特に急ぐ必要のない場所なので、他の現場で発注したときに一緒にお願いするという事になりました。


後日、Sさんに別件で電話したのですが職人さんに若干怒り気味でした(^^; でも「職人が約束してしまったので・・・」という事で無事交換となりそうです。
posted by けい at 12:30| Comment(3) | 外構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

電柱撤去(その3)

引越しの翌日、帰宅すると玄関ドアに名刺が挟まってました。
名刺の裏を見ると「NTTの電気工事のものです。門柱破損の件でうんたらかんたら・・・連絡ください」と書かれていたので、早速翌日電話をしてみました。

その内容をまとめると
・電柱撤去の際にその傷がついたかどうかの事実確認は出来ていない(なぜ?)
・仮に撤去の際に電柱が当たったとしたらあの程度の傷では済まない(そりゃそうだ)
・ただ、工事の際に他の理由で傷つけた可能性が全くないとは言えないので補修費用をこちらで持ちます(へー)


やったかどうかわからないのに補修費用を払ってくれるそうです。太っ腹です。









かなーり、クロに近い灰色の匂いがしますね(--;


多分、家を建てるのに全く1つもトラブルがなく引渡しを受けていたら門柱の傷にかなりショックを受けていたでしょうが、幸か不幸かいくつかのトラブルを経験してきたお陰であまりショックもありませんでした。補修費用を持ってくれて綺麗になるというのなら特にそれ以上求める事はありません。工務店に見積りを取って承認をもらえたら、後は工務店から直接請求書をまわしてもらうことで話しがまとまりました。


でも、最初に電柱移動するって時に連絡もらえて色々話しできてたらこんな事態は起きなかっただろうと思うとちょっと複雑な気分ではあります。

posted by けい at 00:51| Comment(6) | 外構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

電柱移設(続き)

NTT側で電柱撤去で問題ないか調査した結果を翌週中には報告すると言われていたのですが、連絡がなかったため翌々週の月曜日にこちらから電話しました。

「電柱撤去の件ってどうなりました?」
「まだ工事の方から連絡がないのでもうちょっと待ってくれる。8日(引越の日)は外すように言ってあるから」
「では、結果ともし撤去できるなら工事日もわかり次第連絡ください」

この時は早く撤去されるのにこしたことはないけどまだ工事日が決まってないって事は引越し後になるかなあと思ってました(引越作業は8日)

引越直前の土日にある程度自分で段ボールを運びました。
引越は費用を抑えるため2トン積みきりでお願いしてあり、全部は運べない事がわかっていたからです。段ボールを積んで新居に着いたときに違和感を感じました。

「あれ!?電柱がない」
電柱が撤去されたのはもちろん嬉しいのですが、それよりもまた(NTTは初めてですが)連絡がなかったことに軽い憤りを憶えます。なんで建築・土木関係の人間は連絡くれと言ってあるのに連絡できないんだろう????恐らく土日は連絡取れないだろうから月曜日になったら連絡して報告を聞かなくてはと思いながら段ボールを運びます。

段ボールを運び終わってさて帰ろうと思ったときに、ふと目に止まったものが!




門柱傷.JPG



ちょ、ちょっとちょっと・・・・
恐れていたことが起きてしまいました!

この傷がいつ付いたのかはっきりした事はわかりません。
駐車するときに自分の車のミラーで傷つけた訳じゃないよな?と思いながら念のため車を出してみるとミラーは傷よりも10cm以上低い位置を通過します。となると一番疑わしいのはやはり電柱撤去の際に傷つけられたのでは?と考えてしまう自分がいます。

しかし、普通は傷をつけたら何らかの報告があるのではないだろうか? それがないって事は撤去工事関係者じゃない? とにかく実際に傷を付けたのが工事関係者だろうとなかろうと知らないと言われてしまったら泣き寝入りするしかない?

こういう事態になるのが嫌だから工事日を教えてくれと言ってあったのに・・・・工事日がわかっていてれば例え立ち会いが出来なくても前後に足を運んでその傷が工事日に付いたかどうかの特定は出来たはず。

とりあえず月曜日にちょっと怒りモードでNTTに連絡しました。
・電柱が撤去されていた。それ自体はいいことだが何故連絡がなかったのか?
・門柱に傷がついていた。工事を疑うわけではないが可能性がないとは言えないので、工事担当に事実確認をしてくれ
の2点を伝えました。

NTTの担当者は「工事日が決まったら連絡するように言ったんだけど・・・」とどこかで聞いたセリフがここでも使われます。
そこで工事担当者に丸投げじゃなくて、ちゃんと連絡したか確認するとか、工事日を折り返し連絡してもらって自分で連絡するとか出来ないんだろうか?それってそんなに難しい要求なのかな?
今更言ったところでどうにもならないから言わなかったけど、今後の利用者のためにも言った方がよかったかなあ。でも言っても改善されるとは全然思えないけどね。

長くなってきたので今日はここまで。
posted by けい at 00:12| Comment(2) | 外構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

電柱撤去

我が家は私道(位置指定道路)に面しています。
この私道の持ち主は別の方ですが、通行や工事が必要な場合の掘削の許可を書面で頂いています。

工務店と契約をしたときはまだ古家が残っている状態で、隣家との境界線から1m位我が家側に細い電柱が立っていました。古家には駐車場がなかったため特に問題なかったのでしょうが、我が家はこの電柱がある接道面を駐車場にする予定だったため、重要事項説明書に電柱の移動を記載してもらいました。
そして重要事項説明をしていただいた工務店の宅建主任の営業Kさんには「どこに移動するか決める際には私も打ち合わせに参加したいので連絡してください」とお願いしていました。

ところが建築途中に家を見にいったときにふと気づいたのです。
「あれ? 電柱が境界線上に移動しているんじゃないか?」と。
Kさんに「もう電柱って移動しました?」と聞くと「いや、何も聞いてないですし、移動するときは施主さんに連絡してくれと建築部に伝えてありますので」と言われたので、じゃあ連絡来るまで待とうかと思ってるうちに他のトラブルや色々な手続きでそんな事はすっかり忘れていました。

結論からいうと、どうやら解体の時に移動されていたようです。
ただ、この移動された位置があまりよろしくありません。
引き渡し前に何度か駐車場に車を出し入れしてみたのですが、隣家はセットバックしていないため道幅が非常に狭いです。
道路に出て完全にまっすぐな状態になってれば問題ないんですが、敷地が狭いのでそんな余裕はなく左前は向かいの家の塀ぎりぎり、右側は電柱と数cmしかない頭文字Dの世界です。もちろんこちらは時速数kmだと思われるのでスピードは全然違いますが(笑)
出るときでこの状態という事はバックで駐車場に入れるときも同じ状況です。通常時は問題ないですが、雨の日の夜なんかは非常に入れずらい。

「やはりこのままじゃいかん!」と思い、Sさんに連絡します。
・移動された電柱の位置が不満
・そもそも移動の時に立ち会い希望したのに全く連絡がなかった
・工務店の責任でもう一度希望する位置に移動してほしい
というのを伝えた結果

・立ち会いしたいという希望は営業から聞いていない
・再移動はNTT(電柱持ち主)と調整すれば問題ないと思うが、希望を通したいというのであれば直接交渉した方が話が通じやすいのではないか?
と相変わらず気のきかない返事。

若干あきれモードで、
「じゃあ、直接交渉するのは構わないから、もし費用が発生するような事があったらもってくださいね。それからNTTからこちらの携帯に連絡くれるように連絡だけはしてください」
「費用はかからないので大丈夫ですよ。ではNTTに連絡いれさせるように言っておきますんで」

後日、NTTから連絡があり引き渡しの日に現地調査に来ることに。そこでのNTTの人との会話
「この電柱が邪魔で駐車場に入れるのに苦労するんですよね」
「そうなの?前に移動したときも立ちあったけど、解体の邪魔だからって理由だったけどね」
全然話しが違うし・・・だから立ち会いたいって言ってあったのに。
まあ、NTTの人には関係ない話だからここで愚痴っても仕方ないので話を進めます。
「いや、車を入れるのに邪魔になるから移動したいって契約前に言ってあったんですよ。そして出来れば反対側の隣家との境界の方に移動出来ないかと思って、ただそこには既に別の電柱があるんですよね」
「あー、こっちは難しいね。実は来る前に測ってみたんだけどさ、もしかしたら電柱自体を撤去出来るかもしれないよ。この電柱自体には線が1本しかないし、両隣の電柱の間隔がそんなに長くないからこの電柱がなくても大丈夫かも。正確には工事の方に調査だしてみないとわからないけど」
な、何ですと!それだと願ったり叶ったりだけど、何でじゃあ最初の時にはそういう話にならなかったんだろう!?
「え、そうなんですか! じゃあぜひ撤去の方向でお願いします」
「じゃあ工事の方に本当に大丈夫かどうか調査してもらうよ。ただ、ひとつお願いがあるんだけど、同じ場所の電柱の移動を同じ年度に2回出すと色々言われる可能性があるんで、撤去作業自体は4月になって年度が変わってからでもいいかな?」
「全然OKです。ただ4月8日は引越なんでその日は避けた方がいいかも。じゃあ調査の結果と工事日が決まったら教えてください」
といい方向に予想外の展開になってきました。

しかし、ここでもまた連絡ミスが・・・・(続く)
posted by けい at 21:37| Comment(2) | 外構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

セットバック

我が家の東西は私道なんですが、道路幅が4mないためセットバックしないといけません。

今日の帰りにちょっと現場に寄ってきたのですが外構の土間コンが打たれていました。もちろんセットバック部分には打たれておりません。(暗かったので写真はありません)

「あー、こんなにセットバックされちゃうのね・・・」と軽くショックを受けました。特に東側(玄関じゃない方)は外壁から50cm位しかコンクリートがなく自転車も置けないかも。もちろん図面では50cmくらいしかないってわかっていたんだけどね。
東側は西側よりも道路幅が狭いぶんセットバック面積も多いんですが道路の先は袋小路なのと、公道に面してる家がセットバックされていないため車が入ってくることはありません。
とりあえず自転車が置けるようにセットバック部分にタイル(もちろんすぐに撤去できるようなやつ)とか置いてコンクリ面とフラットになるようにしようかなーと考えましたが、市のホームページを見ると、以下のように書かれていました。

次の2つの条件を満たしていればその部分を「道路」と評価する
・申請書類が受理されること
・実際に道路として利用していること


「道路」として評価されると固定資産税が安くなるみたいです。

タイルじゃ道路としては認めてくれないだろうなぁ・・・
posted by けい at 00:34| Comment(4) | 外構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

ドアホン来ました!

日曜日にネットで購入したドアホンが届きました。
PanasonicのVL-SW230Xです。

dp1.jpg

標準はアイホン製だったんですが、我が家は2階リビングのため1階にも追加したいと思ったら追加費用が9万位でした!(なぜ?)
仕方ないとあきらめていたらブログ友達のすこんぶさんがちょうどこのドアホンを紹介していて、我が家もマネさせていただきました!(すこんぶさん、ごめんなさい)
施主支給なので取付費は別途かかるのですが、標準の減額分がドアホンの購入費より安かったので5千円位の追加で変更出来たことになります(^^)

標準の機能門柱をやめて、ブロック門柱(といっても幅40cmですが)を造ってもらうので、そこに表札とこのドアホンをまとめて付ける予定です。せっかくなのでこの野暮なデザインの呼出機を少しでも隠したいと思い、インターホンカバー付きの表札にしました。

dp2.jpg

うーん、想像してたよりカッコ良くないな(--;
ま、まあザクのモノアイっぽいから許そう!
posted by けい at 22:02| Comment(8) | 外構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

外構打ち合わせ

久々の打ち合わせです。

今日の主題は外構のイメージのすり合わせです。
特にインターホンを外壁につけるのか門柱に決めるのか決めないと玄関収納が設置できないので、それだけは早急に決めないと言われていました。

ところが・・・・ここで話は前日に遡ります。



土曜日の夕方、私は車の後部座席にでかいレンジフードを積んで新居へと運び込んでいました。キッチンを施主支給にしたためレンジフードもネットで購入して設置だけ大工さんにお願いする事になっています。実は何日か前に配達され不在票が入っていたのですが、メーカー直送で時間指定不可のため「土曜日にこちらから取りに行きます!」ということで運送会社まで行って取ってきたのでした。
運送会社について荷物を出してきてもらったらこれがまた想像していたよりデカイ!
車がミニバンだったため後ろの座席を倒して何とかギリギリ入りました。普通のセダンじゃまず無理な大きさです。
今度はそれを新居まで運びます。ひとりではとても運びきれないので大工さんに手伝ってもらおうと、大工さんを呼びに家の中に入ったら、何と玄関収納が付いてます!!!

「え? インターホンの場所決めないと付けれないとか言ってなかったっけ?」

一瞬頭の中が「???」となりましたが、こんなすれ違いはもう慣れっこなので(笑)、「まだ間に合いますと言ってたんだからむこうが何とかするでしょ」とあまり気にせず(いいのか?)大工さんにレンジフードを運ぶのを手伝ってもらいました。
その後は大工さんと階段下収納の天井をどうするか話し合ったり(結局つけませんでした。収納の中だし、つけないほうが広く感じるので)、これまた施主支給するミニ洗面台の棚板に排水口が通るためのキリコミを入れるサイズを測ったりした後に、さあ帰ろうと思って玄関まで行った時に、「そういえば、玄関収納はコート収納タイプにしたけど、実際どれくらいの幅と奥行きなんだろう?」と思って玄関収納の扉を開けてみました。


そこに飛び込んできた光景は!!!!


shose.JPG

コートは?


shose.JPG


どこにかけるの?



早速Sさんに電話します。
「もしもし。インターホンの設置場所決めないと玄関収納付けれないって言ってましたけど、もう付いてるんですけど?」
「え? 大工さん付けちゃったのかな? そこは何とかします!」

何とかってどうやって? と思いながら
「その玄関収納なんですけど、打ち合わせの時にコート収納タイプにするって話でしたよね?」
「ええ、そうなってるはずですけど」


ああ良かった!(いや、良くないけど)

「え? もしかして違うの付いてます?」
「はい・・・」
「え〜、それはちゃんと付け直しますんでご安心ください」

良かった〜。またバトルせずに済んだよ。

「取り替えてくれるんなら全然いいです。では明日打ち合わせお願いします」






というような事が前日にあったのでした。

長くなってしまったので打ち合わせの内容は次の記事で。
posted by けい at 10:00| Comment(0) | 外構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

インターホンの位置に悩む

昨日の記事のやり取りの後、あのやり取りだとインターホンは絶対壁付けにするんだと思われたかもしれないと思い、「壁付けにするか門柱にするかは外構プランで変わるので決定じゃないですよ」とSさんにメールをしたら、翌朝に電話がかかってきました。
「壁付けにするなら壁の内側通してからシューズボックスの設置になるんで大工さんのいる工程のうちに決める必要があります。」

やっぱり、もう壁付けに決定するもんだと思ってたみたい。
これは自分の言い方も悪かったので、なぜ迷ってるかを説明しました。

・コスト削減のために機能門柱はやめたい。
・ポストと表札は施主支給としたいが、化粧ブロックなどで門柱をつくれるのであれば、表札は門柱、ポストは玄関近くという案を考えている。ただし絶対条件ではなく他に良い案があればそちらにすることもある。そもそも機能門柱をやめて門柱をつくれる予算があるのかどうかがわからない。
・施主支給や門柱の件も含めて、外構についてまだ一度も打ち合わせをしてないので、どう変更したらどう予算が増減するのかこちらにはわからないし、そちらがどんな外構を考えているのかもわからない

という旨を説明しました。
ちなみに標準仕様書には以下のように書かれているだけです。
・オープン外構
・隣地境界線は化粧ブロック3段+フェンス
・機能門柱つき

Sさんも納得してくれたみたいで、それなら外構の打ち合わせを前倒しにして今週末に出来ないかという提案をいただきました。

と言う訳で今週末に外構の打ち合わせです。
時間を有効に使うために、あらかじめこちらの要望や不明点などを
ある程度メールで伝えたら、早速外構案のFAXと補足のメールが来ていました。それに対する回答やさらなる疑問点をメールで返したので後は打ち合わせしながら決めていくことになるでしょう。

ちなみにポストを玄関近くに設置したいのは、休みの日などに郵便物を部屋着のまま取りに行きたいのと、2階のせり出しの部分が庇代わりになるので雨に濡れずらいと考えたからで、インターホンを門柱に付けたいのはセールスだけの人は敷地内になるべく入れたくないから
という理由です。

現場作業に入ってから、しばらく行われていなかった打ち合わせの日々にまた突入です!
posted by けい at 16:33| Comment(3) | 外構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。