2008年01月19日

階段も着々と出来てます

続いては大工さんと宿題となっていた造作棚の仕様を打ち合わせしました。かんたんな図面案は持ってきたんですが、現場打ち合わせで若干修正する事になりました。やはり図面に加筆、修正していくやり方の方が口頭だけよりイメージが伝わりやすく思ったより簡単に終了しました。

キッチンの打ち合わせの時に既に判明していたのですが、先週なかったものが今週は出来ていました。そう、階段です。
正確にはまだ2階へ上る階段は作成中なのですが、3階へ上る階段はもう完成していました。これで上下階への移動がかなり楽になります!

2階へ上る階段
S_0001.jpg

3階へ上がる階段
左側の水道管はIKEAの洗面台用です
S_0003.jpg

階段が出来るといっきに家って感じがしますよね〜。
え、俺だけ!?
posted by けい at 17:59| Comment(0) | 木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

断熱材大丈夫?

本日も習慣(週間?)の日曜チェックに行ってきました。
すると断熱材が貼られていました。
我が家は消極的な外断熱仕様です(^^;
建築条件付の土地なので、そこの工務店で建てる必要があったのですが、以下の3つの仕様から選択する必要がありました。
1.エコウィル仕様(リビング・キッチン床暖房)
2.オール電化(エコキュート採用)
3.外断熱(ネオマフォーム)

まず、2のオール電化は相方がガスオーブン入れたいとの理由からあっさり消えました。その相方は床暖房がいいと言いましたが、私が床暖房嫌いなので却下しました。
なぜ床暖房が嫌いなのかというと、10年以上前になりますが床暖房の知り合いの家におじゃましたときに確かに暖かいんですがなぜか足裏に汗を掻いてしまうんですよね。それに自分で電気カーペットを買った時にそこに座っていると脚部が乾燥して嫌な気分になった記憶もあります。どうも体質的に合わないんですよね。
それに床暖房仕様だと標準ではトータルで12帖分くらいしか床暖スペースがないらしく、それ以上広げるには追加料金がかかるというのもマイナスでした。まぁ体質的に合わないからどっちにしろ採用しないんですが。

話を元に戻すと、そんな理由でオール電化は駄目、床暖房も駄目って事でじゃあ外断熱にしましょうって理由で決まったので消極的外断熱というわけです(笑)
外断熱とは言っても、うちは高断熱ではありません。ネオマの暑さもW地域ギリギリの20ミリですし、工務店側も「高気密高断熱仕様ではありません。でも外側からすっぽり被せますので内断熱よりは熱欠損が少ないです」と言っていました。
個人的には外断熱でも内断熱でも構いません。工法云々よりも快適に住めるかどうかが大事なんです(でも予算も大事・・・)

で、今日見に言った現場ですがこんな事になっていました。
IMG_2272.jpg

欠けてます.jpg

帰宅してからSさんに電話して確認したところ、「隙間は発泡ウレタンで埋めるので大丈夫です」としか言いません。欠けは? 後から隙間を埋めればいいという考え方じゃなくて、最初から隙間なくやろうという事は出来ないんですかね?
ちゃんと出来ているところもあるだけに、「建築はこういう部分はどうしても出てきます」と言うのはなんだか納得がいきませんが、向こうもなかなか折れません。
とりあえず現場の写真を送る事にして電話を置きました。

これって気にしすぎですかね〜!?
posted by けい at 21:53| Comment(3) | 木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

棟上げされていました!

20071208_棟上げ.jpg

休日にもかかわらず7時前に起きて現場を見るために車を走らせます。近くまで行くと何やら先週と雰囲気が違います。「おぉ!柱が建ってるよ〜!」と思わず心の中で叫びます。写真は2階と3階部分。3階は斜線制限のため小さくなります。基礎だけの時よりは少し大きくなった感じがするので一安心です。でも玄関は相変わらず狭かったですが(^^;
2階へ上る梯子がかけっぱなしだったので2階にも上ってみました。ベランダも狭かったです。今の賃貸と比べて奥行きは同じ位ですが、幅は3分の2位になります。洗濯物がなんとか干せる程度かな〜。

上物が建つと出来上がってきた感が凄くしてきました。
もうちょっと現場に通う頻度を上げようかな〜と思いました。
posted by けい at 21:28| Comment(6) | 木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。