2009年01月11日

水漏れ!

先日、お風呂に入るときにミストサウナにしようと思ってマイクロサウナスイッチを押してまた寝室に戻りました。(お湯張り途中だったのとミストサウナ状態になるには数分かかるため)
すると数分後になんかお風呂場の方から聞きなれない音がします。ミストサウナにすると浴室暖房乾燥機がミストサウナモードで動くので換気扇のような音はするのですが、それに混じってなんかピチャピチャっぽい音が・・・
脱衣所に行って音の出所を探ると脱衣所と浴室の仕切りの壁が音の発生源らしく、その壁にはコンセントが付いているんですが、コンセントのところに耳をあてるとはっきりと音が聞こえます。
もしや水漏れ!?と思い、洗面所の前にある床下点検口を開けてみました。すると・・・・

ベタ基礎が濡れています!!! どうやら壁を伝って上から水が落ちてきているみたい。脚立を持ってきて浴室天井の蓋を開けて中を見ます。

水が浴室天井を伝って壁側のほうに流れていっています。さらに調べてみると漏水の原因はどうやらこれのようです。

排水ドレンなんですがミストサウナ本体の排水口の向きが実際に排水する方向(家の外方向)が反対になっているためステンレスのフレキ管で方向を変えているんですが、どうやらそのフレキ管から水が漏れている様子。
翌日、住設会社の方と連絡を取り(ガス関係は直接連絡した方が早いので直接連絡しちゃいます。一応工務店の方にもメールで状況は報告しておきましたが)、早速その日の夜に見ていただく事になりました。
するとなんと驚くことにステンレスのフレキ管が錆びて穴が開いていたそうです。もちろんステンレス≠錆びないではなくステンレス=錆びにくいなのでもらい錆びしたりすることはあるそうなんですが特にもらい錆びするようなものもないのに本当に不思議です。

そして対応していただいた結果がこちら

フレキ管に変わって半透明な樹脂製の管になりました。これでまたしばらく使ってみて様子を見てみます。

さてミストサウナのトラブルはこれにて一件落着ですが、床下点検口を開けたときについでに床下を見てみました。そこで新たな問題が・・・(続く)

2008年07月05日

電動ミル(ペッパー&ソルト)

塩は岩塩、胡椒は黒胡椒が好きです!

スーパーで買ったミル付き岩塩や黒胡椒を、減ってきては中身だけ継ぎ足して使ってましたが、最近黒胡椒の挽きが甘くなってきたような気がしてました。

さすがに詰め替えて使うのには限界が来たようなのでこれを機に新居のキッチンに合うモノに買い換えることを決意!



白がソルトで黒がブラックペッパーです!
キッチンに揃えるならステンレスの入れ物なのですが、ここは料理中にどっちだかすぐわかる事を優先しつつ、かつスーパーに売ってるモノよりはカッコイイものをチョイスしてみました。
中身見ればわかるやんと突っ込まれそうですが、実際に使ってみると中身を見て判別するよりも確実に早くわかります。

底部がON、OFF、電池交換のロータリースイッチになっていて、電池交換のところに合わせると底部がパカッとはずれて電池ボックスが出てきます。使用する電池は単4電池x4本と思ったより電池を必要としますがこの電池の重さが実は本体の安定感にも寄与しています。



本体を真上から見たところです。
このツマミで挽く粗さを調節するんですが、ここの造りがイマイチで緩めると粗くなるんですが、上のツマミの部分だけ回ってしまうことがよくあります。それに細かい→粗いの時は問題ないんですが、粗い→細かいにしようとすると隙間に詰まってる黒胡椒や岩塩が邪魔をしたりなど頻繁に粗さを変えたい人には向かないかな。

それでは実際に挽いてみましょう。
底部のスイッチをONにして、本体を逆さにするとモーターが音を立てて黒胡椒(岩塩)を挽き始めます。



わかりやすいように黒胡椒にしてみましたが、それでもわかりずらいかな?
右上(細かい)、左中(中くらい)、右下(粗い)になっています。

恐らく我が家では中くらいで固定になりそうです(笑)

2008年07月03日

OXO ステンレス キッチンソープディスペンサー

キッチンはオープンのフルフラットキッチンのためリビングのどこからでも丸見えです。
となればキッチンに出しておくモノは少し気を使いたくなりますよね。
スポンジやたわしはシンクの内側に吸盤でくっつけるタイプにすることによってうまく隠すことが出来ましたが問題は洗剤。隠すのは難しいという事で入れ物を替えてみました。




OXOのステンレスキッチンソープディスペンサーです。
左側の詰め替え用ボトルは大きさ比較のために並べてみました。



ボトル下部は洗剤の残量がわかるように透明になってます。底部も天板を傷つけない素材になっています。
商品名にステンレスとついていますが、実物を見ると薄いステンレスを樹脂の周りに貼ったような感じで期待したほど金属感はありませんでした。そう考えるとちょっと高い買い物だったかもしれません。
あ、でも本体をいちいち持たなくても上から2,3回押してあげるだけでいいので便利かな。最初は洗剤が飛び出てくる位置がよくわからずに上手くスポンジに洗剤を行き渡らせてあげられませんでしたが、無理に離れた場所で受けようとしないでスポンジを近くに持って行けば全く問題ありませんでした。って早く気づけよ(^^;

2008年05月27日

ミストサウナ

我が家はオール電化ではないため暖房系はガスに変更しました(標準では浴室暖房は電気式だった)。部屋の暖房もファンコンベクタという温水ルームヒーターにしたため冬場のガス代が高くなるのは誰の目にも明らかです。エアコンの暖房が嫌いなので全室に温水コンセントを付けましたが、肝心のファンコンベクタがまだ1台しかないので今年の冬はエアコンの暖房も併用するかもしれません(なんじゃそりゃ)

ちなみにお湯を夏と冬に同じ量使っても冬場の方がガス代が高くなります。というのは元々の水の温度が冬場の方が低いため同じ40度にするのにでもより熱量を必要とするためなんだそうです。

話しを元に戻しまして・・・・・
そんなガス代を少しでも安くするためにエコジョーズとミストサウナ付き浴室暖房乾燥機を採用しました。エコジョーズはわかるけどミストサウナ付き浴室暖房乾燥機でなんでガス代が安くなるの?ってお思いでしょうが、うちが契約するガス会社はエコジョーズ+ガスコンロ+ミストサウナ付き浴室暖房乾燥機でガス料金が10%割引になるんです。
 ・
 ・
 ・
ちゃんと裏づけを取ろうと思ってガス会社のホームページで調べたらミストサウナ付じゃなくて普通のガスの浴室暖房乾燥機でも9%割引でした(笑)。まあミストサウナは元から出きれば付けたいと思っていたので結果オーライって事で。
 ・
 ・
 ・
付けたのは松下エコシステムズが開発した最新式のマイクロミストサウナ機能付浴室暖房乾燥機です。
ちなみにうちは東京ガスではありませんが、一番わかりやすいのが東京ガスのプレスリリースだったので詳しくはそちらをどうぞ。

実はこのミストサウナ、入居当初はしばらく使用できませんでした。ガスの開栓立会いの時に浴室暖房乾燥機の説明もざっと受けたんですが、マイクロミストモードでサウナをON→サウナ状態になるのに少し時間がかかるのでその間にガスコンロの説明を受ける→10分後位に浴室に戻って、「これがマイクロミストサウナ状態!」って思ったらサウナが止まってる・・・・なんで!? 操作方法が悪かったのか初期不良だったのか良くわかりませんが、サウナの確認は時間がかかるので、とりあえず実際に使用してみてやっぱり駄目だったら連絡するということにしてとりあえず開栓立会いは終了しました。

それから3週間以上経ったでしょうか(引渡しから引っ越しまで20日弱あったので)、ようやく落ち着いて風呂に入れる程度にはなったので、少しワクワクしながらミストサウナを使用してみました。終了時間は手動で設定できるのでとりあえず30分にしたんですが、なぜか5分位で勝手にOFFに!しかもその後はしばらく操作を受け付けません。翌日試しても同じ結果になったのでやっぱり何かがおかしいと思い、ガス業者に連絡すると早速その週末に施工業者を連れてきました。
まずは実際に試してみるとやっぱり5分ほどで止まります。とその時脱衣室側のリモコンに何やら3桁の数字が表示!どうやらエラーコードのようです。実際に自分が操作するときは浴室のリモコンで操作してたので気づくはずがありません。 そのエラーコードによるとどうやら排水が上手くされていないらしいのですが、どこが原因で排水が上手くいったないかまではわからないらしく2〜3時間ほどあーでもない、こーでもないとやってどうやら無事に治った様子。原因を聞いてみると浴室暖房乾燥機からの排水を外の枡に流す際に音がなるべくしないようにと排水管の口を枡の水面にもぐらせて(だったかな?ここらへんちょっと曖昧です)いたらしのですが、枡の中の水の水圧に負けて排水管から水が出て行かずその異常を検知して機械が止まってしまうという話しでした。結局もぐらせるのをやめて水面ギリギリくらいにすることで解消とのお話しです。自分で枡の中まで見てないので上手く説明できないのですが、まあ直ったんならOKです。

数日後にミストサウナを使用してみましたが、今度は5分経っても止まりません。どうやら無事に治ったようです(^o^)
ミストサウナいいですよ〜お風呂から上がった後もすぐに体が冷えたりしません。ってこれはもう暖かくなってきたからかな(笑)
自分はあんまり長風呂ではない(せっかちとも言う)のでサウナも20分位でもういいかな〜と上がってしまうのですが、もう少しミストサウナを有効活用できるよう画策していこうと思います。

2008年03月25日

水栓問題解決!

キッチンの残問題(詳しくはこちらの記事参照)のうち、水栓がたつき問題が解決しました!

新居の水栓メーカーにはタカギを採用しています。
今済んでいる賃貸に入るまで全然知らないメーカーでしたが、
・シャワーでも浄水可能
・カートリッジフィルターを郵送してくれる。(ポスト投函。以前は不在票→再配達でしたが、数年前に改善されました)
といったところが気に入っていたので、メーカーから直接購入して採用しました。
カートリッジフィルターがホームセンター等で手に入らないので、メーカーも上手い商売しているとは思いますが、交換時期をいちいち気にしなくても良いメリットの方が大きいと考えています。

それから今回の件でサポートが良いことも確認できました。
フリーダイヤルは24時間受付。(ただし技術者が24時間いるわけではないのでオペレータで対応が難しい場合は後日連絡となります)

今回の水栓の件もまずはフリーダイヤルに連絡

後日、地域担当の水道業者から連絡があり症状を説明して、訪問日程を決定

時間どおりに訪問いただき、問題解決!!!

原因はというと単なる締め付け不足というオチでしたが、専用の立カラン工具というので閉めないと、キチンと閉まらない場合があるそうです。(工務店提携の水道業者は持ってないのかなー!?)

そしてゲストメンバー(無料)に登録すると蛇口保証が10年間あります。今回はまだ入居前で登録ハガキを送っていなかったのですが、フリーダイヤルに連絡したときに蛇口の型番、シリアルナンバーを伝えて登録してもらいました。というわけで工事費は無料です!

さらに浄水カートリッジフィルターを定期的に交換する正会員になるといろいろな特典がついてきます。
もちろん、その分の費用がカートリッジフィルターに上乗せされているんだとは思いますが生活に関わる部分なので保証がしっかりしている方が安心だと考えました。

ただしデザイン優先の方にはちょっとお勧め出来ないのが難点でしょうか(^^; 一応グースタイプもあるみたいですがどうしてもフィルター内蔵のためあまりスタイリッシュではないです。

これで残る問題は天板の浮きだけになりました。

2008年03月16日

キッチンお目見え。しかし・・・

さて、色々問題発生したキッチンですが、とりあえず見た目は綺麗に紹介出来る程度にはなりました。

kitchen0316.jpg

というのは、このキッチンにはまだいくつか問題が残っているのです。
1つは水栓の立て付け。蛇口を左右いっぱに動かすと、水栓本体が滑って少しずれます・・・
2つ目は天板の浮き。写真ではわからない程度に右手前側が若干浮いています。
水栓の立て付けは工務店側ではギブアップっぽいので水栓のメーカーに相談しています。もちろんキッチン業者にも2つ目の件と併せて相談しているのですが、担当の方がちょっと入院しているらしく4月にならないと対応出来ないというお返事でした・・・・

天板の右側は恐らく食器カゴを置くことになると思うのでそんなに気にしてないのですが、水栓がしっかり固定されないのは使用する度に気になりそうなので、何とかうまい解決案がありますよに。

電機屋さんが取付費サービスでつけてくれた照明でしたが、吊り下げのコードがねじれていたのと、電線のコード長すぎだったので、一旦はずして(土台はそのままでカバー部分から外れます)ねじれの直しと余分な電線はカバーの中に隠すようにしたらスッキリしました(^^)
上のカバー部分についているプラスチックのネジをゆるめると余分な電線コード(クリアのビニールで保護されている線です)をカバーの中に隠せるように押し込めるのですが、そのプラスチックのネジの内側部分がすでに欠けてしまいました。ここらへんがIKEAクオリティでしょうか(^^;
まあ、ネジが閉まらないわけではなかったし、実用上問題ないのでセーフです(笑)

2008年03月05日

キッチン問題解決へ前進!

今日は仕事を休んで昨日のキッチン大問題をの解決作業に立ち会いました。

結果は・・・・・・・





スッキリ!

kitchencut.jpg

その場でガス会社の担当に作業が終了した事を連絡しました。
明日、現場を見に来てくれるとの事です。

月曜日の夕方に問題が発覚して水曜の夕方に解決です。
施主支給によるオーダーキッチンでの問題発生でしたから工務店側には何の責任もなく、むしろガス管の接続確認が遅れてしまい大変迷惑をかけてしまいました。
こちらの早く解決したいという要望に素早い対応で応えてくれたキッチン業者さんに大感謝です。次にガスコンロ+ガスオーブン入れるときはもう大丈夫ですね(^^)
ちなみに国産のガスコンロ+ガスオーブンは初めてだったそうですが、ロジェールを入れることは多いそうです。
「うちにロジェールを入れる資金がないのが行けなかったのかorz・・・・」
って資金もないですがロジェールのガスコンロは掃除が大変そうだと相方が却下してたんでした(^^;

早くガスコンロとガスオーブンがキッチンに入った姿を見たいです!
gusset.jpg

キッチン大問題!

月曜日の夕方、仕事中にSさんから電話がありました。

「ガス業者がガスオーブンを取り付けられないと言ってるんです」
「えっ!?」

キッチンのフレームとガスオーブンの立ち上がり部品部分が当たるそうです。
キッチンの写真(以前撮影したもの)
kitchen0304.jpg

ガスオーブンの写真
rsru51cst.jpg

ついでにガスコンロの写真
RS38W2A6RSR.jpg

キッチン業者と会話をすると斜めにして下からもぐりこませれば入るのではないかとの返事。しかしここでもう1つ別の懸念が生じました。
「ガスコンロってガスオーブンの上に直接乗っかっていないと駄目なんでは!?」
ガスオーブンとガスコンロの取付説明書を読むと、やはりガスコンロとガスオーブンがビスで固定するような説明があります。念のためリンナイのサービスにも電話で確認しましたが、やはり接続する金属管の長さの関係で直接固定しないといけないとの返答。

ところがキッチン業者はガスオーブンは床下に置いて、ガスコンロは天板と問題のフレームで支えればよいと考えていたようです。
キッチン業者と言っていましたが正確に言うとステンレス加工屋なので水栓やガスコンロに詳しい訳ではないのです。
ただ、こちらとしてはキッチン設計前に使用する水栓、ガスコンロ、ガスオーブンの品番は伝えているし、業者の薦めでサイズを正確に測るため購入した商品の届け先を業者の工場にしてあるのにという気持ちがあり・・・・

今までビルトインガスオーブンの施工例はなかったのかと聞くと、どうやら初めてのケースだったようです。値段もオーダーキッチンにしては安いのでそこまで望むのは酷ということでしょうか・・・・社長やステンレス加工の職人さん、搬入の際の運送屋さんの印象や仕事ぶりははすごく良かったし、今でも感謝の気持ちは変わりません。ただ結果だけが残念な事になってしまいました。
あくまでもキッチン本体(キャビネット、天板のステンレス加工)のプロで設備(ガスコンロ、オーブン、水栓)のプロではないという認識でコンロ、オーブン、水栓の接続に関してはこちらで事前に調査する必要があったという事です。
「これが施主支給のリスクと言う事か・・・」

このままでは誰も(主に自分ですが)幸せになれないので、問題の部分を切断する事にしました。職人が動くのでどうしても費用がかかるという事でしたが、お互いに譲歩して折半にするという事でまとまり、立ち会い検査まで時間がないし、この取付作業が終わらないとガス屋がガスメーターを取り付けられない(既にスケジュールが遅れている)ので本日作業する事に決定。

不安なので仕事を休んで立ち会うことにします。
施主支給するときはこれでもか!っていう位、その商品について調べることをオススメします。

それにしても心臓に悪い・・・・・

2008年02月24日

トイレ入りまーす!

トイレは工務店標準です。
タンクなしのデザイントイレが流行っていますね。そっちの方が、便器のサイズがコンパクトになるのでトイレが広く感じられると思うのですが、変更すると高そうなのと、相方の「タンクがあったほうが故障してタンクから便器に水が流れなくなっても、タンクの水を組んで便器に入れてあげればとりあえずは流れるよ」と言ったのでそのままです。
相方のこだわりポイントがよくわかりません。
少なくとも便器にこだわりはないみたいです(^^;

我が家の内装の壁は基本ホワイト系なのですが、トイレ、洗面所、廊下に使える壁紙があまりに地味だったので、「洗面所かトイレならそんなに面積が広くないから差額だして少しいい壁紙にしてみようか」となり、1階のトイレの壁紙を変更してみました。

まずは2階の標準仕様のトイレから

toilet2f.jpg

普通ですね。まさにトイレofトイレって感じです。


そして1階のトイレがこちら!!!
狭さは一緒ですが(笑)

toilet1f.jpg

ちょっと商業施設のトイレっぽくないですか!?
もちろんそんなとこのトイレにはタンクの上に水洗いはつかないと思いますけど(^^;

気になっていた白い建具との相性も思ったより悪くない感じで良かったです。

2階のトイレももう少し冒険すれば良かった。

2008年02月09日

キッチン搬入顛末記!

住宅設備の搬入の中でも一、二を争う注目度といえばキッチンではないでしょうか。

最近のトイレ(サティスやアラウーノなど)はデザイン重視になってきたので、設置されたところを見てうっとりはするかもしれませんが、「うわー、このトイレめっちゃ使いやすそう!」とか、「早くこのトイレで○○(自粛)したーい♪」という風にはなかなかなりませんもんね。もしかしたらそうなる人もいるかも知れませんが、そういう人は、うちのトイレは普通のタンクトイレなんで僻んでるだけだと思ってください(笑)

本日のキッチン搬入は以下の順序で行われました。
・キッチン搬入(キッチン業者)
・コンロ横パネル据え付け(キッチン業者)
・レンジフード取付(大工さん)
・キッチン設置(引き出し、水栓)

まずはキッチンの搬入です。
工場から軽トラックに積まれてキッチンが到着しました。
2階リビングのため、2階のベランダの掃き出し窓から搬入するんですが、道路が狭くてクレーンが入らないので人力で吊り上げます。
長さが2550cmあるのとベランダ分さらに上げないと行けないので、6人がかりでもかなり試行錯誤していましたが、なんとか搬入することができました。

キッチンをとりあえず置いてみた図(レンジフードは仮止め)

キッチン搬入01.jpg

大工さんとキッチン業者さんでレンジフードを取り付けるためのネジ位置などを確認しあい、コンロ横のステンレスパネルにレンジフードのダクト用の四角い穴をあけます。

現場で穴あけ施工

キッチン搬入02.jpg

コンロ横パネルを強力両面テープで貼り付けた後、レンジフードを取付、引き出し、コンロ前ガラスパネル、水栓を設置して完了です。
水栓の給排水接続とガスコンロ、ガスオーブンはそれぞれ水道業者とガス業者が後日作業することになっています。

キッチン搬入03.jpg

しかし、ここで問題発生!
○で囲んでいるのは暖房(ファンコンベクタ)用の温水コンセントなんですが、ここがキッチン左下の引き出しを開けたときに干渉して半分くらいしか引き出せません。今は仮のフタなのでちゃんとしたプレートが入ればとりあえずは干渉はなくなるかもしれませんが、冬場はここに温水コンセントを差す事になるので間違いなく干渉してしまいます。この位置は打ち合わせで私が決定したので、これは完全に私のミス!
とりあえずSさんに電話して、少しくらいの費用で済むなら移動したいとお願いしましたが、「配管がギリギリの長さの可能性があり、その場合は移動は難しいかもしれない」との事でした。とりあえずガス会社に連絡して聞いてみるしかないそうです。

心配していたキッチン搬入は無事に済んだんですが、最後にとんでもないオチが待っていました・・・orz
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。