2008年04月28日

電柱撤去(その3)

引越しの翌日、帰宅すると玄関ドアに名刺が挟まってました。
名刺の裏を見ると「NTTの電気工事のものです。門柱破損の件でうんたらかんたら・・・連絡ください」と書かれていたので、早速翌日電話をしてみました。

その内容をまとめると
・電柱撤去の際にその傷がついたかどうかの事実確認は出来ていない(なぜ?)
・仮に撤去の際に電柱が当たったとしたらあの程度の傷では済まない(そりゃそうだ)
・ただ、工事の際に他の理由で傷つけた可能性が全くないとは言えないので補修費用をこちらで持ちます(へー)


やったかどうかわからないのに補修費用を払ってくれるそうです。太っ腹です。









かなーり、クロに近い灰色の匂いがしますね(--;


多分、家を建てるのに全く1つもトラブルがなく引渡しを受けていたら門柱の傷にかなりショックを受けていたでしょうが、幸か不幸かいくつかのトラブルを経験してきたお陰であまりショックもありませんでした。補修費用を持ってくれて綺麗になるというのなら特にそれ以上求める事はありません。工務店に見積りを取って承認をもらえたら、後は工務店から直接請求書をまわしてもらうことで話しがまとまりました。


でも、最初に電柱移動するって時に連絡もらえて色々話しできてたらこんな事態は起きなかっただろうと思うとちょっと複雑な気分ではあります。

posted by けい at 00:51| Comment(6) | 外構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NTTの電柱工事の人も、「これは間違いなく工事の際、つけたものだ!」と内心は思っているのではないでしょうか。
補修費用、全額出して元通りにしてもらえるのなら問題なしですね。

しかし・・・
何故、連絡1本することができないのでしょうね。
うちもこういう伝達ミスが多くて嫌な気分を味わったこと多々あります。

お気持ちお察しいたします。
Posted by ステップ at 2008年04月28日 07:42
言っていることがどうも・・・ごまかしごまかしな感じで後味が悪いですね。
こちらが気がつく前に知らせてくれて
修理代をもってくれるならなんの問題もないのに、
気がつかれなければそのままで。。なんて思ってたのかしら??とか思っちゃいます。。
同じ修理費を払うなら、前者の方がずっといいと思うのですが・・
というか、最初に連絡1本あれば・・って感じですね。
でも、解決してよかったです♪
Posted by june*berry at 2008年04月28日 13:36
トラブルの対応おつかれさまでした。
立ち会いの連絡をなしに勝手に工事を進めた結果が招いた責任でしょうね。

アレだけの凹みは、普通に駐車する環境では付かない場所だし、ほぼ工事中の出来事でしょうねー
Posted by 風トモ at 2008年04月29日 21:28
♪ステップさん

ほう・れん・そうは社会人の基本なんですけどねー

今回は外構業者からではなく工務店の方から必ず工事日の連絡貰えるようにお願いしましたが、ちゃんと連絡くれるかな?
Posted by けい at 2008年05月01日 23:46
♪june*berryさん

そうなんですよね。
別に壊されたことは仕方ないと思ってるんです。(ないに超したことはないけど)
こちらから連絡するまで何もなしってのがね・・・・

とにかく見積もりもそんなに高くなかったので全額負担してくれることになったので良かったです。
Posted by けい at 2008年05月01日 23:48
♪風トモさん

すっかりトラブル慣れしてきましたよ(笑)
あまり相手を追い詰めてすぎもいけません。下手に追い詰めすぎると相手も意地になったりして前に進めなくなりますから。

今回も最初にNTTに言うときに気をつけたのは、「怒ってるのはあくまでも工事日の連絡がなかった事」と伝えて、門柱の傷については「いつどのようについたのかが全くわからないので工事の際に傷つけたりしてないかどうかの事実確認をお願いします」というスタンスで話を持って行きました。
まあ、ひどい業者ならそれ幸いとシラをきるかもしれませんが。難しいですね。
Posted by けい at 2008年05月01日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。