2008年03月05日

開きません・・・・

竣工間際にトラブル連発です。
まずは軽い方からご紹介(^^;

2階のベランダの物干し金具(T型タイプ)が取り付けられていました。
monohoshi.jpg

写真の窓は縦滑り窓なんですが、もちろん外側に開きます。
ちょっと開いたところで物干し金具に「ガツン!」とぶつかります。
2階のベランダは幅が2mもないので金具をベランダ端に取り付けるのは当然だと思いますが、取り付けるときに「これはぶつかるだろう?」とかって思わないのかなぁ・・・縦滑り窓ってポピュラーじゃないのだろうか?

ちなみに物干し金具は3種類から選べました。
メーカーがわからなかったので正確には違いますが、もう2種類は以下のようなタイプです。

窓の横に付けるタイプ
01.jpg

伸縮式タイプ(3階ベランダはこちらのタイプを採用)
02.jpg

とりあえずSさんに電話で連絡。
「2階のベランダの物干し金具が縦滑り窓と干渉するんですよー」
「えっ!?....(恐らく図面を見て)あーーーーっつ、これは気づかなかったですね」

さて、どうしたものか。案は2つ
1.物干し金具の位置を干渉しないところまで右側にずらす。
2.物干し金具を3階に採用したのと同じタイプに変更。

1はそんなに広くないベランダなので、存在感ある物干し金具を中央よりにずらすのは見栄え的にあまりよろしくない気がします。ずらすのであれば物干竿を通したときでも干渉しないようにしないといけないですし。
2だとすっきりするのですが、見た目よりも使い勝手ではT型タイプの方が良い(3階タイプは高さが若干低くなるので物干し竿を通した状態だと布団をベランダに干しずらいらしい)と言われたので悩むところです。
どちらにしても追加で費用がかかる事はないと言うことだったのでホッとしました(^^;

相方に相談したら案3が出ました。
3.左右の位置はそのままで干渉している部分が窓の上になるようにしてもらう。

ただし、この場合は20cm弱くらい高い位置になってしまうので踏み台などがないと物干し竿に届きません。

あっ!!今書きながら思いついたんだけど3階に採用したタイプをもう少し高い位置に付けて貰うっていうのは出来ないのかな?
もしくは干渉しないような他のメーカーのものを施主支給するという手もあるか。今度Sさんに相談してみよう。


トラブル耐性がついてきたのか、この程度では動じなくなって来たんですが、もうひとつかなりショックな出来事が待ってました(続きは次の記事で)
posted by けい at 05:00| Comment(0) | 玄関、外壁等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。