2008年01月15日

現場に行くのは大事です!

3連休は現場に2度も行きました。
1度目は土曜日に造作棚の打ち合わせ。(結局持ち帰り検討になりましたが)
2度目は月曜日にその造作棚のサイズを測ってなかったところがあったので計測しに行ったのです。

1度目のときに大工さんと初めて顔合わせし、挨拶を交わした後に棚のことでいろいろ説明してもらいました。その時は棚の事しか頭になかたので、久しぶりに家の中に入ったにも関わらず、「お、コンセントの枠とか入ってるな〜」位にしか思わなかったんですよね。

2度目に行ったときは時間的余裕もあったのと、大工さんに「勝手にやるんで作業続けててください」と伝えて自由に見て回ってたのもあって、重大な事に気づきました!

「ここ、コンセントの位置が違う!!!」

コンセントは電気屋さんの仕事のため大工さんに言ってもどうしようもないので、その場でSさんに電話して位置の間違いを指摘すると電気屋に連絡しますと言われたので電話を切りました。すると5分後位に知らない番号から電話がなり、出てみると電気屋さんからでした。
「○○(工務店名)の電気屋です。まだ直せると思うので直しておきますんで〜」と快くお返事いただきました。

ついでにテレビ裏の配線を触るときにやりやすいようにするため、高さを床から70cmに変更してもらう事にしました。却ってよかったかも。

翌日、電気屋さんから携帯に「直しときました〜」と電話がありました。まだ現場を見に行ってないので確認はしていませんが、すばやい対応をしてもらうと気持ちがいいですね。

今週末にキッチンの打ち合わせで現場に行くので、そのときに確認してきます。
posted by けい at 10:00| Comment(2) | コンセント・スイッチ・照明等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早期発見!良かったです。
現場に足を運ぶのは大切だとみなさん仰ってますね。
コンセント位置も図面で見てると何だかピンとこず、
うちも悩みました^^;

次はキッチンですね〜♪
Posted by ステップ at 2008年01月17日 21:49
>ステップさん

本当によかったです。
大工さんとも一度挨拶しておくと、次からは行きやすくなりますね。
昨日は定時に上がれたので、帰りに寄ってみたらまだ大工さんがいたので中を見ることができました。
コンセントばっちり直ってましたよ〜。よかったよかった。
現場に行くと図面を見ただけでは浮かんでこなかったあ〜したいこーしたいってのが出てくるんですよね。大工さんは大変でしょうけど(^^;

キッチンは施主支給にしたんですが、レンジフードの設置は工務店なのでスケジュール調整が大変です(--;
Posted by けい at 2008年01月18日 09:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。