2007年09月24日

天井高と窓のサイズ決定

今回の打ち合わせもNさん同席です。
まずは天井高ですが1階を2m30cm、2階を2m50cmにすることによって、斜線制限による傾斜の部分も一番低いところで2m10cm確保できるとのことでした。これ以上の解決策がなさそうなのでこれで決定にしました。リビングに出る柱は強度上必要なものなので無垢ではなく集成材の柱になります。無垢は割れが出来るのでここには使用できないそうです。ただし、集成材のままでは見栄えが悪いので、表面に木目を被せるそうです。これも了承。

決まっていなかった窓の種類や大きさに関しては、こちらが考えてきた窓の種類、サイズで問題ないそうなのでこれも決定です。
ここらが決定したことによって構造計算に入れるそうなのでNさんは早速とりかかるという事でここで退席です。やはり建築基準法改正の影響で審査に出す書類も増えたしチェックする側も時間がかかっているということえ忙しそうです。うちは斜線制限のおかげでちょっと変わった形になっちゃったけど大丈夫かな〜。Nさんお願いしますね。

引き続きSさんと次回以降の打ち合わせについて話ました。住宅設備(キッチン、洗面所、風呂、建具、外壁、屋根など)を決めていきましょうという事でとりあえず外壁のカタログを借りて帰ってきました。先程も書いたように建築基準法が改正されたのでもう構造に関わる変更は出来ません(正確に言うと出来ない事はないですが変更申請というのがなくなって、最初からやり直しになるのですごく時間と手間がかかるそうです。)

申請が早く無事に通りますように!
posted by けい at 00:00| Comment(0) | 間取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。