2008年05月23日

補修入りました(門柱復活!)

先週の土曜日に補修工事の方々が来てくれました。

なんと総勢4名です。
・現場監督(階段手摺補修とブランケット交換)
・塗装屋さん(珪藻土の塗りむら補修)
・外講屋さん2名(門柱修復)

一番のメインはこんな状態になった門柱の補修です。

家の中の補修は引っ越し前にSさんに立ち会ってもらい補修を約束してもらっていた場所です。こちらの都合で引っ越して荷物整理が落ち着いてからという事でこの日の作業となりました。荷物整理はまだ半分位しか終わってないけど(笑)

家の中にいたので門柱がどんな風に修復されたのかはわかりませんが、修復完了後完全に乾いたら同じような色になると思いますからと言われて今朝撮った写真がこれ↓
門柱修復.JPG

ちなみに傷ありの状態はこちら↓
門柱傷.JPG

角が少し丸くなったような気もするけど、まあいいんじゃないでしょうか。職人さんと世間話しながら事の経緯を話すと、「費用を払ってくれるなんて珍しいね〜、大体とぼけられるけどね」と言われました。幸運だったのだろうか?傷をつけられて幸運っていうのも変ですが。

珪藻土の塗りなおしと階段手摺のブランケット交換も無事に終わりましたが、手摺の傷(何かをぶつけたような凹み)はリペアでは難しいようで、職人さんも「交換の方がいいよ」という話しになりました。
こっちとしては願ったりかなったりですが、Sさんが「補修で!」と強く言ってたのに大丈夫かな〜? でも補修で直らないんだから仕方ないよね。特に急ぐ必要のない場所なので、他の現場で発注したときに一緒にお願いするという事になりました。


後日、Sさんに別件で電話したのですが職人さんに若干怒り気味でした(^^; でも「職人が約束してしまったので・・・」という事で無事交換となりそうです。
posted by けい at 12:30| Comment(3) | 外構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。