2008年04月28日

電柱撤去(その3)

引越しの翌日、帰宅すると玄関ドアに名刺が挟まってました。
名刺の裏を見ると「NTTの電気工事のものです。門柱破損の件でうんたらかんたら・・・連絡ください」と書かれていたので、早速翌日電話をしてみました。

その内容をまとめると
・電柱撤去の際にその傷がついたかどうかの事実確認は出来ていない(なぜ?)
・仮に撤去の際に電柱が当たったとしたらあの程度の傷では済まない(そりゃそうだ)
・ただ、工事の際に他の理由で傷つけた可能性が全くないとは言えないので補修費用をこちらで持ちます(へー)


やったかどうかわからないのに補修費用を払ってくれるそうです。太っ腹です。









かなーり、クロに近い灰色の匂いがしますね(--;


多分、家を建てるのに全く1つもトラブルがなく引渡しを受けていたら門柱の傷にかなりショックを受けていたでしょうが、幸か不幸かいくつかのトラブルを経験してきたお陰であまりショックもありませんでした。補修費用を持ってくれて綺麗になるというのなら特にそれ以上求める事はありません。工務店に見積りを取って承認をもらえたら、後は工務店から直接請求書をまわしてもらうことで話しがまとまりました。


でも、最初に電柱移動するって時に連絡もらえて色々話しできてたらこんな事態は起きなかっただろうと思うとちょっと複雑な気分ではあります。

posted by けい at 00:51| Comment(6) | 外構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。