2008年03月05日

玄関ドアお目見え

気を取り直して前向きな話題を(笑)

先週末にクリーニング作業が入って玄関ドアの養生も外されました。

三協立山アルミのラフォース プロディのモダンシリーズ55番というやつです。
g_door.jpg

壁の幅の関係で親子ドアには出来ずワイドドア止まりですが、追加費用なしでK2仕様に出来ました!
玄関をちょっと開けるだけで郵便物が取り出せるモノグサ仕様となっております。ちなみに色が飛んで白く見えますがポストもシルバー色です。

やっぱり白い壁(過去記事参照)より青い壁の方がシルバーが映えますよね?
posted by けい at 23:28| Comment(6) | 玄関、外壁等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キッチン問題解決へ前進!

今日は仕事を休んで昨日のキッチン大問題をの解決作業に立ち会いました。

結果は・・・・・・・





スッキリ!

kitchencut.jpg

その場でガス会社の担当に作業が終了した事を連絡しました。
明日、現場を見に来てくれるとの事です。

月曜日の夕方に問題が発覚して水曜の夕方に解決です。
施主支給によるオーダーキッチンでの問題発生でしたから工務店側には何の責任もなく、むしろガス管の接続確認が遅れてしまい大変迷惑をかけてしまいました。
こちらの早く解決したいという要望に素早い対応で応えてくれたキッチン業者さんに大感謝です。次にガスコンロ+ガスオーブン入れるときはもう大丈夫ですね(^^)
ちなみに国産のガスコンロ+ガスオーブンは初めてだったそうですが、ロジェールを入れることは多いそうです。
「うちにロジェールを入れる資金がないのが行けなかったのかorz・・・・」
って資金もないですがロジェールのガスコンロは掃除が大変そうだと相方が却下してたんでした(^^;

早くガスコンロとガスオーブンがキッチンに入った姿を見たいです!
gusset.jpg

キッチン大問題!

月曜日の夕方、仕事中にSさんから電話がありました。

「ガス業者がガスオーブンを取り付けられないと言ってるんです」
「えっ!?」

キッチンのフレームとガスオーブンの立ち上がり部品部分が当たるそうです。
キッチンの写真(以前撮影したもの)
kitchen0304.jpg

ガスオーブンの写真
rsru51cst.jpg

ついでにガスコンロの写真
RS38W2A6RSR.jpg

キッチン業者と会話をすると斜めにして下からもぐりこませれば入るのではないかとの返事。しかしここでもう1つ別の懸念が生じました。
「ガスコンロってガスオーブンの上に直接乗っかっていないと駄目なんでは!?」
ガスオーブンとガスコンロの取付説明書を読むと、やはりガスコンロとガスオーブンがビスで固定するような説明があります。念のためリンナイのサービスにも電話で確認しましたが、やはり接続する金属管の長さの関係で直接固定しないといけないとの返答。

ところがキッチン業者はガスオーブンは床下に置いて、ガスコンロは天板と問題のフレームで支えればよいと考えていたようです。
キッチン業者と言っていましたが正確に言うとステンレス加工屋なので水栓やガスコンロに詳しい訳ではないのです。
ただ、こちらとしてはキッチン設計前に使用する水栓、ガスコンロ、ガスオーブンの品番は伝えているし、業者の薦めでサイズを正確に測るため購入した商品の届け先を業者の工場にしてあるのにという気持ちがあり・・・・

今までビルトインガスオーブンの施工例はなかったのかと聞くと、どうやら初めてのケースだったようです。値段もオーダーキッチンにしては安いのでそこまで望むのは酷ということでしょうか・・・・社長やステンレス加工の職人さん、搬入の際の運送屋さんの印象や仕事ぶりははすごく良かったし、今でも感謝の気持ちは変わりません。ただ結果だけが残念な事になってしまいました。
あくまでもキッチン本体(キャビネット、天板のステンレス加工)のプロで設備(ガスコンロ、オーブン、水栓)のプロではないという認識でコンロ、オーブン、水栓の接続に関してはこちらで事前に調査する必要があったという事です。
「これが施主支給のリスクと言う事か・・・」

このままでは誰も(主に自分ですが)幸せになれないので、問題の部分を切断する事にしました。職人が動くのでどうしても費用がかかるという事でしたが、お互いに譲歩して折半にするという事でまとまり、立ち会い検査まで時間がないし、この取付作業が終わらないとガス屋がガスメーターを取り付けられない(既にスケジュールが遅れている)ので本日作業する事に決定。

不安なので仕事を休んで立ち会うことにします。
施主支給するときはこれでもか!っていう位、その商品について調べることをオススメします。

それにしても心臓に悪い・・・・・

開きません・・・・

竣工間際にトラブル連発です。
まずは軽い方からご紹介(^^;

2階のベランダの物干し金具(T型タイプ)が取り付けられていました。
monohoshi.jpg

写真の窓は縦滑り窓なんですが、もちろん外側に開きます。
ちょっと開いたところで物干し金具に「ガツン!」とぶつかります。
2階のベランダは幅が2mもないので金具をベランダ端に取り付けるのは当然だと思いますが、取り付けるときに「これはぶつかるだろう?」とかって思わないのかなぁ・・・縦滑り窓ってポピュラーじゃないのだろうか?

ちなみに物干し金具は3種類から選べました。
メーカーがわからなかったので正確には違いますが、もう2種類は以下のようなタイプです。

窓の横に付けるタイプ
01.jpg

伸縮式タイプ(3階ベランダはこちらのタイプを採用)
02.jpg

とりあえずSさんに電話で連絡。
「2階のベランダの物干し金具が縦滑り窓と干渉するんですよー」
「えっ!?....(恐らく図面を見て)あーーーーっつ、これは気づかなかったですね」

さて、どうしたものか。案は2つ
1.物干し金具の位置を干渉しないところまで右側にずらす。
2.物干し金具を3階に採用したのと同じタイプに変更。

1はそんなに広くないベランダなので、存在感ある物干し金具を中央よりにずらすのは見栄え的にあまりよろしくない気がします。ずらすのであれば物干竿を通したときでも干渉しないようにしないといけないですし。
2だとすっきりするのですが、見た目よりも使い勝手ではT型タイプの方が良い(3階タイプは高さが若干低くなるので物干し竿を通した状態だと布団をベランダに干しずらいらしい)と言われたので悩むところです。
どちらにしても追加で費用がかかる事はないと言うことだったのでホッとしました(^^;

相方に相談したら案3が出ました。
3.左右の位置はそのままで干渉している部分が窓の上になるようにしてもらう。

ただし、この場合は20cm弱くらい高い位置になってしまうので踏み台などがないと物干し竿に届きません。

あっ!!今書きながら思いついたんだけど3階に採用したタイプをもう少し高い位置に付けて貰うっていうのは出来ないのかな?
もしくは干渉しないような他のメーカーのものを施主支給するという手もあるか。今度Sさんに相談してみよう。


トラブル耐性がついてきたのか、この程度では動じなくなって来たんですが、もうひとつかなりショックな出来事が待ってました(続きは次の記事で)
posted by けい at 05:00| Comment(0) | 玄関、外壁等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。