2008年03月09日

塗装サンプル

日本オスモ(株)から塗装のサンプルが送られてきました。

水汚れなどからの保護のため、無垢フローリングにはどんな塗装がいいか日本オスモに相談メールを投げたら「フロアクリアーラピッド」という塗料がオススメで、艶なしと3分艶があるので実際に塗装したものを見て決めたほうがいいと言われ、工務店に取り寄せてもらった端材を送っていたのです。

osmo.JPG

画像が小さくてわかりずらいですが、左下半分が艶消しで右下半分が3分艶です。上半分はどちらも無塗装です。艶消しの方だと色合い的には無塗装とほぼ同じで、3分艶だと若干木目が薄くなる感じ。自分的にはどっちでも特に問題ないかなーって感じなので相方が気に入ったほうにしようと思います。

施工面積が広いのでこれ↓も買う予定です。
widebrush.jpg
posted by けい at 22:50| Comment(15) | 内装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

照明ご紹介(設置バージョン)その1

今日は取り溜めている写真の中から実際に設置された照明の一部を紹介します。

まずは内玄関と廊下に2箇所設置されたLEDダウンライト

玄関
dl_01.jpg

ここはスイッチを松下電工のかってにスイッチというセンサータイプにしてます(写真撮るの忘れた)

廊下にも2箇所同じダウンライトがつきました
dl_02.jpg

我が家にある照明で定価ベースではこのLEDダウンライトが一番高価です。内玄関や廊下なので立ち上がりが早くかつ省エネという条件を満たすのがLEDでした。でも一番の理由は「LEDってかっこよくない!?」という俺のわがままですが(^^;
イニシャルコストは白熱灯や蛍光灯のダウンライトに比べると高いのでペイ出来るかどうかは寿命次第です。良くLEDだと長寿命といいますが、どこかのサイトではそれはあくまでも素子の寿命で照明という商品の寿命とは限らないと書かれていましたので、どの位もつのか興味があるところではあります。
LED照明は現在一番進化が早い照明だと思うので半年毎にどんどん新しい製品が出てきています(特に松下電工がLEDに積極的です)。それに伴い値段もどんどん安くなってくると思うのでタイミングが合う方は導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

次は階段の照明です。
ここは逆に我が家で一番ローコストな照明です。

IKEAで購入したペンダント照明です
kaidan_light.jpg

電球別売りで999円でした。ここも立ち上がり重視な場所なはずですが、消し忘れの多い場所なのでランニングコストを重視して電球型蛍光灯にしました。照明本体より電球の方が高かったです(^^;
ここは直接配線ではなく引っ掛けシーリングになっていて変更が容易なので最初はこの照明にしてもし気に入らなかったら違う照明を考えればいいんじゃない?って事で決定しました。
これは2階<=>3階の階段ですが、1階<=>2階の照明も同じです。そちらは階段の上に2階<=>3階の階段があるため天井が低くなっているので余分なコードは針金でグルグル巻きにされています。引き渡しが済んだら綺麗に収まるように調整しようかと思っています。

とりあえず今回はここまで。
posted by けい at 09:32| Comment(2) | コンセント・スイッチ・照明等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

玄関ドアお目見え

気を取り直して前向きな話題を(笑)

先週末にクリーニング作業が入って玄関ドアの養生も外されました。

三協立山アルミのラフォース プロディのモダンシリーズ55番というやつです。
g_door.jpg

壁の幅の関係で親子ドアには出来ずワイドドア止まりですが、追加費用なしでK2仕様に出来ました!
玄関をちょっと開けるだけで郵便物が取り出せるモノグサ仕様となっております。ちなみに色が飛んで白く見えますがポストもシルバー色です。

やっぱり白い壁(過去記事参照)より青い壁の方がシルバーが映えますよね?
posted by けい at 23:28| Comment(6) | 玄関、外壁等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キッチン問題解決へ前進!

今日は仕事を休んで昨日のキッチン大問題をの解決作業に立ち会いました。

結果は・・・・・・・





スッキリ!

kitchencut.jpg

その場でガス会社の担当に作業が終了した事を連絡しました。
明日、現場を見に来てくれるとの事です。

月曜日の夕方に問題が発覚して水曜の夕方に解決です。
施主支給によるオーダーキッチンでの問題発生でしたから工務店側には何の責任もなく、むしろガス管の接続確認が遅れてしまい大変迷惑をかけてしまいました。
こちらの早く解決したいという要望に素早い対応で応えてくれたキッチン業者さんに大感謝です。次にガスコンロ+ガスオーブン入れるときはもう大丈夫ですね(^^)
ちなみに国産のガスコンロ+ガスオーブンは初めてだったそうですが、ロジェールを入れることは多いそうです。
「うちにロジェールを入れる資金がないのが行けなかったのかorz・・・・」
って資金もないですがロジェールのガスコンロは掃除が大変そうだと相方が却下してたんでした(^^;

早くガスコンロとガスオーブンがキッチンに入った姿を見たいです!
gusset.jpg

キッチン大問題!

月曜日の夕方、仕事中にSさんから電話がありました。

「ガス業者がガスオーブンを取り付けられないと言ってるんです」
「えっ!?」

キッチンのフレームとガスオーブンの立ち上がり部品部分が当たるそうです。
キッチンの写真(以前撮影したもの)
kitchen0304.jpg

ガスオーブンの写真
rsru51cst.jpg

ついでにガスコンロの写真
RS38W2A6RSR.jpg

キッチン業者と会話をすると斜めにして下からもぐりこませれば入るのではないかとの返事。しかしここでもう1つ別の懸念が生じました。
「ガスコンロってガスオーブンの上に直接乗っかっていないと駄目なんでは!?」
ガスオーブンとガスコンロの取付説明書を読むと、やはりガスコンロとガスオーブンがビスで固定するような説明があります。念のためリンナイのサービスにも電話で確認しましたが、やはり接続する金属管の長さの関係で直接固定しないといけないとの返答。

ところがキッチン業者はガスオーブンは床下に置いて、ガスコンロは天板と問題のフレームで支えればよいと考えていたようです。
キッチン業者と言っていましたが正確に言うとステンレス加工屋なので水栓やガスコンロに詳しい訳ではないのです。
ただ、こちらとしてはキッチン設計前に使用する水栓、ガスコンロ、ガスオーブンの品番は伝えているし、業者の薦めでサイズを正確に測るため購入した商品の届け先を業者の工場にしてあるのにという気持ちがあり・・・・

今までビルトインガスオーブンの施工例はなかったのかと聞くと、どうやら初めてのケースだったようです。値段もオーダーキッチンにしては安いのでそこまで望むのは酷ということでしょうか・・・・社長やステンレス加工の職人さん、搬入の際の運送屋さんの印象や仕事ぶりははすごく良かったし、今でも感謝の気持ちは変わりません。ただ結果だけが残念な事になってしまいました。
あくまでもキッチン本体(キャビネット、天板のステンレス加工)のプロで設備(ガスコンロ、オーブン、水栓)のプロではないという認識でコンロ、オーブン、水栓の接続に関してはこちらで事前に調査する必要があったという事です。
「これが施主支給のリスクと言う事か・・・」

このままでは誰も(主に自分ですが)幸せになれないので、問題の部分を切断する事にしました。職人が動くのでどうしても費用がかかるという事でしたが、お互いに譲歩して折半にするという事でまとまり、立ち会い検査まで時間がないし、この取付作業が終わらないとガス屋がガスメーターを取り付けられない(既にスケジュールが遅れている)ので本日作業する事に決定。

不安なので仕事を休んで立ち会うことにします。
施主支給するときはこれでもか!っていう位、その商品について調べることをオススメします。

それにしても心臓に悪い・・・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。