2008年02月15日

温水コンセント位置変更と火災報知器の施主支給の話

キッチン搬入顛末記で発覚した温水コンセントの位置の不具合は、結局追加費用で位置変更して貰うことになりました。

ここにきての臨時出費は痛い・・・・
かなり施主支給しているとはいえ、建築条件付きで総額の減額は出来ない契約になっているので、施主支給で減額した分は他の設備の変更や追加工事で使用しています。要は工務店に払う支払額は変わらないか増えていき、さらに施主支給分だけ負担が増えます(T_T)

とはいえ、施主支給しないで全部工務店に任せると掛け率が高いためさらに損した気分になってしまうので、工務店にお任せするところと施主支給するところのバランスを取りながらやってます。
照明のように施主支給にして安くしようと思ったら、せっかくだから気に入ったのを付けようと思って倍位になったものもありますけどね(^^;

意外にも施主支給して一番効果があったのは火災報知器でした。
標準のものがどのようなものだったのかはわかりませんが、National製だと言っていたのでおそらくけむり当番、ねつ当番シリーズだと思います。

けむり当番
けむり番.jpg

ねつ当番
ねつ当番.jpg

ねつ当番はまだいいんですが、けむり当番のガスマスクみたいなたくさんの小さい穴が嫌だったので、煙感式は違う製品にしました。

FIREX
firex.jpg
米国で一番売れている火災報知器らしく(生産国は不明ですが)、日本消防協会認定のNSマークも付いてます。

うちは熱感式1個(ねつ当番)、煙感式6個(FIREX)を施主支給して、さらに火災報知器の取付(天井へのネジ止め)も自分でやる事によって2万円近く減額出来ました。モノ自体も安くなってますが工賃の分が以外と馬鹿にならないんですよね。
取付方はビスを2本打つだけです。今の賃貸に火災報知器が設置されるときに見ていたので、これくらいなら自分でも出来るだろうと判断してのチャレンジです(^^)
posted by けい at 23:20| Comment(6) | コンセント・スイッチ・照明等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。