2008年01月25日

インターホンの位置に悩む

昨日の記事のやり取りの後、あのやり取りだとインターホンは絶対壁付けにするんだと思われたかもしれないと思い、「壁付けにするか門柱にするかは外構プランで変わるので決定じゃないですよ」とSさんにメールをしたら、翌朝に電話がかかってきました。
「壁付けにするなら壁の内側通してからシューズボックスの設置になるんで大工さんのいる工程のうちに決める必要があります。」

やっぱり、もう壁付けに決定するもんだと思ってたみたい。
これは自分の言い方も悪かったので、なぜ迷ってるかを説明しました。

・コスト削減のために機能門柱はやめたい。
・ポストと表札は施主支給としたいが、化粧ブロックなどで門柱をつくれるのであれば、表札は門柱、ポストは玄関近くという案を考えている。ただし絶対条件ではなく他に良い案があればそちらにすることもある。そもそも機能門柱をやめて門柱をつくれる予算があるのかどうかがわからない。
・施主支給や門柱の件も含めて、外構についてまだ一度も打ち合わせをしてないので、どう変更したらどう予算が増減するのかこちらにはわからないし、そちらがどんな外構を考えているのかもわからない

という旨を説明しました。
ちなみに標準仕様書には以下のように書かれているだけです。
・オープン外構
・隣地境界線は化粧ブロック3段+フェンス
・機能門柱つき

Sさんも納得してくれたみたいで、それなら外構の打ち合わせを前倒しにして今週末に出来ないかという提案をいただきました。

と言う訳で今週末に外構の打ち合わせです。
時間を有効に使うために、あらかじめこちらの要望や不明点などを
ある程度メールで伝えたら、早速外構案のFAXと補足のメールが来ていました。それに対する回答やさらなる疑問点をメールで返したので後は打ち合わせしながら決めていくことになるでしょう。

ちなみにポストを玄関近くに設置したいのは、休みの日などに郵便物を部屋着のまま取りに行きたいのと、2階のせり出しの部分が庇代わりになるので雨に濡れずらいと考えたからで、インターホンを門柱に付けたいのはセールスだけの人は敷地内になるべく入れたくないから
という理由です。

現場作業に入ってから、しばらく行われていなかった打ち合わせの日々にまた突入です!
posted by けい at 16:33| Comment(3) | 外構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。