2008年01月30日

外構打ち合わせ(続き)

気を取り直して外構の打ち合わせです。

事前にメールしておいたとおり
・機能門柱はやめたい
・ポストは玄関ポーチを出たすぐのところに付けたい
・表札とインターホンは境界近辺に簡単な門柱をつくってそこに設置したい。
・ポスト、表札兼インターホンカバー、門柱灯は施主支給する。
 (機能門柱分減額で節約予定だったが、あまり変わらない金額だった・・・)
・門柱の追加費用は捻出出来ないので、外構で他に予算を抑える方法はないか?

という事を前提に話し合いを始めます。

「裏側の道路との境界はフェンスなしで、地面をコンクリートで固めてオープンでいいから、それで化粧ブロックの門柱とトントンにならない?」
「それはちょっとなりませんね・・・」
「門柱は化粧ブロックじゃなくて、コンクリートとかでもいいんだけど」
「コンクリートだと今度は鉄筋いれないといけなくなるんで手間とか考えると却って高くつきますよ」
と言った後、Sさんちょっと考え込んで
「重量ブロックを積み重ねてジョリパットで塗りこむんだったら追加なしでいいですよ」

「え?それってどんな感じになるんですか?」
「ブロック1個分の幅だし、こんな風に上を波形には出来ないですけど」
と言いながら、エクステリア関係のカタログを見せてくれました(あくまでも塗り壁のイメージを伝えるため)
「これで全然いいです!」

って事でインターホンは門柱に付けることに決定しました!

我が家のインターホンはブログ仲間のすこんぶさんの真似をしてパナソニックのVL-SW230Xです。
vl_sw230x.jpg

このインターホンの玄関子機がVL-V566Sという型番なんですが、この機種に対応したインターホンカバーを検索したら倶楽部ケントというサイトが引っかかったので、そこに表札兼インターホンカバーを発注しました!

ポストも希望どおりの場所につける事になりました。
ちなみにポストはこれ↓にしました

russell_13.jpg

後は来週の打ち合わせまでに決めないと行けないことを確認して、無事に打ち合わせが終わりました。

っていうか、来週には内装の殆どを決めないと行けないんですけど!! もう後3日しかないし・・・・出来るのか俺?
posted by けい at 22:30| Comment(5) | TrackBack(0) | 玄関、外壁等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

外構打ち合わせ

久々の打ち合わせです。

今日の主題は外構のイメージのすり合わせです。
特にインターホンを外壁につけるのか門柱に決めるのか決めないと玄関収納が設置できないので、それだけは早急に決めないと言われていました。

ところが・・・・ここで話は前日に遡ります。



土曜日の夕方、私は車の後部座席にでかいレンジフードを積んで新居へと運び込んでいました。キッチンを施主支給にしたためレンジフードもネットで購入して設置だけ大工さんにお願いする事になっています。実は何日か前に配達され不在票が入っていたのですが、メーカー直送で時間指定不可のため「土曜日にこちらから取りに行きます!」ということで運送会社まで行って取ってきたのでした。
運送会社について荷物を出してきてもらったらこれがまた想像していたよりデカイ!
車がミニバンだったため後ろの座席を倒して何とかギリギリ入りました。普通のセダンじゃまず無理な大きさです。
今度はそれを新居まで運びます。ひとりではとても運びきれないので大工さんに手伝ってもらおうと、大工さんを呼びに家の中に入ったら、何と玄関収納が付いてます!!!

「え? インターホンの場所決めないと付けれないとか言ってなかったっけ?」

一瞬頭の中が「???」となりましたが、こんなすれ違いはもう慣れっこなので(笑)、「まだ間に合いますと言ってたんだからむこうが何とかするでしょ」とあまり気にせず(いいのか?)大工さんにレンジフードを運ぶのを手伝ってもらいました。
その後は大工さんと階段下収納の天井をどうするか話し合ったり(結局つけませんでした。収納の中だし、つけないほうが広く感じるので)、これまた施主支給するミニ洗面台の棚板に排水口が通るためのキリコミを入れるサイズを測ったりした後に、さあ帰ろうと思って玄関まで行った時に、「そういえば、玄関収納はコート収納タイプにしたけど、実際どれくらいの幅と奥行きなんだろう?」と思って玄関収納の扉を開けてみました。


そこに飛び込んできた光景は!!!!


shose.JPG

コートは?


shose.JPG


どこにかけるの?



早速Sさんに電話します。
「もしもし。インターホンの設置場所決めないと玄関収納付けれないって言ってましたけど、もう付いてるんですけど?」
「え? 大工さん付けちゃったのかな? そこは何とかします!」

何とかってどうやって? と思いながら
「その玄関収納なんですけど、打ち合わせの時にコート収納タイプにするって話でしたよね?」
「ええ、そうなってるはずですけど」


ああ良かった!(いや、良くないけど)

「え? もしかして違うの付いてます?」
「はい・・・」
「え〜、それはちゃんと付け直しますんでご安心ください」

良かった〜。またバトルせずに済んだよ。

「取り替えてくれるんなら全然いいです。では明日打ち合わせお願いします」






というような事が前日にあったのでした。

長くなってしまったので打ち合わせの内容は次の記事で。
posted by けい at 10:00| Comment(0) | 外構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

インターホンの位置に悩む

昨日の記事のやり取りの後、あのやり取りだとインターホンは絶対壁付けにするんだと思われたかもしれないと思い、「壁付けにするか門柱にするかは外構プランで変わるので決定じゃないですよ」とSさんにメールをしたら、翌朝に電話がかかってきました。
「壁付けにするなら壁の内側通してからシューズボックスの設置になるんで大工さんのいる工程のうちに決める必要があります。」

やっぱり、もう壁付けに決定するもんだと思ってたみたい。
これは自分の言い方も悪かったので、なぜ迷ってるかを説明しました。

・コスト削減のために機能門柱はやめたい。
・ポストと表札は施主支給としたいが、化粧ブロックなどで門柱をつくれるのであれば、表札は門柱、ポストは玄関近くという案を考えている。ただし絶対条件ではなく他に良い案があればそちらにすることもある。そもそも機能門柱をやめて門柱をつくれる予算があるのかどうかがわからない。
・施主支給や門柱の件も含めて、外構についてまだ一度も打ち合わせをしてないので、どう変更したらどう予算が増減するのかこちらにはわからないし、そちらがどんな外構を考えているのかもわからない

という旨を説明しました。
ちなみに標準仕様書には以下のように書かれているだけです。
・オープン外構
・隣地境界線は化粧ブロック3段+フェンス
・機能門柱つき

Sさんも納得してくれたみたいで、それなら外構の打ち合わせを前倒しにして今週末に出来ないかという提案をいただきました。

と言う訳で今週末に外構の打ち合わせです。
時間を有効に使うために、あらかじめこちらの要望や不明点などを
ある程度メールで伝えたら、早速外構案のFAXと補足のメールが来ていました。それに対する回答やさらなる疑問点をメールで返したので後は打ち合わせしながら決めていくことになるでしょう。

ちなみにポストを玄関近くに設置したいのは、休みの日などに郵便物を部屋着のまま取りに行きたいのと、2階のせり出しの部分が庇代わりになるので雨に濡れずらいと考えたからで、インターホンを門柱に付けたいのはセールスだけの人は敷地内になるべく入れたくないから
という理由です。

現場作業に入ってから、しばらく行われていなかった打ち合わせの日々にまた突入です!
posted by けい at 16:33| Comment(3) | 外構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

外壁その後

結局、玄関まわりの外壁は張り替える事になりました。
費用は全額ではありませんが、36,000円(税別)施主負担となります。工務店側は廃材撤去費用と値引き1万円が精一杯ですという回答を繰り返すだけ....

ちなみに最初は41,000円(税別)だったのですが、胴縁の打ち直しはやりたくないので縦張りで張ったらどうなるのかと聞いたら、胴縁作業分で5,000円安くなると言われたので、縦張りのまま張り替えます。
あらかじめ撮ってきた写真を加工して、縦張りで青灰の外壁になったらどうなるかは画像ソフトでシミュレーションしていたので、そこは即答することが出来ました。個人的主観ですがドアの色との兼ね合いから白い外壁よりはよっぽどマシとの判断です。

ちなみに(本当かどうかはわかりませんが)「社長にも見せたが、この図面では白と判断する」と言われたそうで、その点に関してだけははっきりいって全く納得していませんが、これが原因で工事が進まないのはお互い本意ではないし、今までの対応への不満について言いたいことは言ったので今後は改善される事を祈って「もういいので、それで進めてください」と伝えました。


さて、切り替え切り替えon

「じゃあ、その分を外構でどっか削らないといけないので、メールもしてありますけど機能門柱を削ったらいくら減額になるんですか?」
「機能門柱の減額は15万円の7割を引く形になりますけど、インターホンはどうされますか?」
「インターホンは外構にもよるんですけど、オープン外構なんで機能門柱をなくしたら壁付けにするしかないですよね。でもポーチが狭いのでドアの横にインターホンを付けると、お客さんに一回よけてもらわないといけなくなるので、玄関の横の壁じゃなくてアプローチをポーチより横に張り出す形にしてそこで押して貰えるように出来ないですかね?」
↓こんなイメージ
ip.GIF

「インターホンはもう機能門柱につけるように外に配線を出してありるんですが。」
「えっ!? 打ち合わせの時に古い住宅地で他に門柱出してるような家も少ないし、敷地も狭くて道路から玄関まですぐだから機能門柱付けるかどうかは後から検討しますって言ったじゃないですか?」
「いや、それは電気の配線工事が終わるまでに決めて貰わないと・・・・」
「そんな事一言も聞いてないですよ!?ちっ(怒った顔)
「何も言われないと標準でやる事になっているので・・・・」

これで、またキレました!


だ・か・ら、打ち合わせの時にどうしようか検討するって言ってるのに何で勝手に進めるんですか?普通は期限の何週間か前に、ここまでに決めてくださいって確認があるもんじゃないんですか?そういう所が何度も問題起きてる原因じゃないですか!」
「そもそも標準でやるって言われても、標準仕様書だってA4の紙一枚しか渡されてないし、それだって間違いがあったじゃないですか。しかも設備のパンフレットは古いモノだったでしょ? 」
「そうですね・・・」
「外のどこらへんに出てるんですか?」
「玄関の横あたりですね。門柱の位置が決まったら、地面を通ってそこに出すようになってます」
「今からじゃもう変更は無理なんですか?」
「内壁を張ってあったりすると難しいです。どこまで進んでるかわからないので現場を見てみないとわかりません。」
「じゃあ現場を見に行って確認してみてください。」
「わかりました。」

「それから、3階の造作棚の棚板枚数を5枚に出来ますかと大工さんに聞いたら標準は3枚なんでSさんの許可が必要と言われたんですけど」
「あ、じゃあそれは5枚でいいですよ。大工さんには言っておきます。」
「ありがとうございます。では、よろしくお願いします」
「よろしくお願いします」


って感じでした。
棚板はそれまでの会話がなかったらオマケしてくれなかったかもしれませんね(--;
標準仕様書の間違いは営業のミスみたいなのでSさんに怒るのはちょっと可哀想だけど同じ会社なんだから施主に渡す前にチェックすれば済む話なのに。

それにしても・・・・仕方のないことかもしれませんが、工務店側から見ると年間何十棟と建てる家の一件にしか過ぎないのでどうしても施主とは思い入れ度が違いますよね。ただSさんも自宅を建てているらしいので(どこで建てたかは聞かなかったけど)少しは施主の気持ちをわかってもらえないだろうかとつい愚痴ってしまいました。

今回の内容はちょっと愚痴りモードでした。
気分を害された方がいましたらごめんなさいふらふら
posted by けい at 12:00| Comment(6) | 玄関、外壁等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

ショック!・・・

今日一番のショックです・・・

外壁は貼り終わってたようです(シーリング埋めはまだ)
初めて目の当たりにしたときは、予想より暗いイメージだな〜と思いましたが、日光に当たると悪くありません(自画自賛)
写真は3階のベランダです。
斜線規制と容積率の問題で3階は部屋が大きく取れなかったのですが、その代わりベランダは結構広いです。
S_0007.jpg

打ち合わせも無事に終わったし、帰ろうと思って玄関を出たら何か違和感が・・・・

えっ!!! なぜ白いの?

S_0010.jpg
玄関ドアの周りとその奥の壁が白くなっています!
なんで!? どうして!?
帰ってからSさんに連絡したんですが、どうもお互いの認識が食い違ってたようです。施主側としては無償でやり直しを要求したいところですが、こちらにも全く非がないとは言えないので落としどころを探っている状態です。とはいえ工程を進めないといけないのでそんなに時間があるわけではありません。
写真では養生されていてよくわかりませんが、青い色に映えるようにシルバーの玄関ドアにしたのに・・・・・
posted by けい at 18:44| Comment(4) | 玄関、外壁等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。