2007年09月03日

SBIモーゲージでフラット35(保証型)の取り扱い開始

家を買うにあたって現金一括でポーンと支払えればいいんですが、もちろんそんなお金があるわけもなく住宅ローンのお世話にならないといけません。

今は金利が低い事もあるし、家を建てた後の金利に一喜一憂するのも性格的に嫌なので35年固定のフラット35でローンを組む予定でいます。普通のフラット35は買取型といって購入代金の90%までしか融資してくれないのですが、フラット35(保証型)というのがあって、そちらは購入代金の100%まで融資可能です。頭金がまったくないわけではないんですが、キッチンの施主支給分や登記代などの諸費用は現金で払う必要があるためフラット35(保証型)にしないと資金が足りません。

ただし、このフラット35(保証型)は取り扱っている金融機関が少ないのが現状です。今までは三菱東京UFJ銀行と千葉興銀しかなかったのですが、2007年9月からSBIモーゲージがフラット35(保証型)の取り扱いを始めたので、早速フリーダイアルに電話して資料請求をしました。
本当は直接支店などにいって話を聞きたかったのですが、Webかフリーダイアルでしか取り扱ってないようです。これで資料が届いたら不動産屋に行って申し込みに必要な書類の一部を揃えてもらわないといけません。それから自分で用意出来る資料を揃えておいて、建築確認が下りたら申し込む予定です。なぜ建築確認が下りてからなのかというと、フラット35は事前審査とかがなくて建築確認が降りてからの本申込のみとなるためです
posted by けい at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

またまたIKEA

またまたIKEAにやってきました。

前回でだいたいキッチンのイメージは出来上がったので、今回は実際にそれを組み立てるとなると、どんな部品が必要でどの位の値段になるかのリサーチです。相方の希望はワークトップ、扉の材質がステンレスで扉は引き出しタイプ。ただ、カタログや展示されているキッチンをを見るとシンク下のキャビネットが開き戸タイプしかありません。これは引き出しに出来ないのか!?と一瞬絶望しかけましたが、店員に聞いてみると引き出しにも出来るとの事!ただし、シンクの部分があるので一番上の段はどうしても見せ板になってしまうし、下の部分は扉をステンレスにするとそのサイズの引き出し扉がないので、2枚を上下に並べて裏側から金具で接続するタイプになるという事でした。

それはまぁ仕方ないかと思ったら、さらに問題発生!!!
ワークトップをステンレスににすると、奥をフラットにする事は出来ず3cm程立ち上がりが出来てしまうとの事で、対面式キッチンにするには、立ち上がりが付いた高さまでの壁を造作もしくは同じ高さのカウンターテーブルをつけるしかないという事でした。一難さってまた一難。これは今も悩み中の案件です。

ガスコンロ、ガスオーブン、蛇口、レンジフードに関してはサイズや穴あけの寸法さえわかれば別にIKEAのものでなくても良いそうなので、これはネットで安いところを探すことにしました。

帰りには100円ホットドッグを買って、車の中で相方と半分ずつ食べながら帰宅しました。

2007年09月01日

住宅展示場に行ってみた

今週末はSさんが別の打ち合わせで予定がいっぱいのため、打ち合わせなしです。代わりにという訳じゃないですが、間取りの参考にでもしようかと住宅展示場に足を運んでみました。本来は住宅展示場は自分に合うHMを探すための場所なんでしょうが、そんな事はお構いなしです。はじめて行ったので勝手がわからず、事務所みたいなところにいったら、IHのコーナーみたいのがあって、数年前なら綺麗なお姉さんだったと思われる2人が親切丁寧にIHのメリットを説明してくれました。10数年前に住んだ賃貸マンションが電気コンロだったので、その使い勝手の悪さを想像していたら、今のIHは全然そんな事はありませんでした。むしろお湯を沸かすのなんかはガスより全然速い!
ただ、うちはご飯は専用土鍋でIHでは使えないし、何より相方がガスオーブンを熱望しているのでIHコンロになることはまずないです。

さて、住宅の方に話を戻しますが、やはりというかなんというか全然参考になりませんでしたね。何しろ全ての家が豪華すぎる!
唯一、一条工務店が「うちはこれが標準です」というモデルルームでしたけど、建具の色(こげ茶)のせいか全体的に暗いイメージに感じてしまったし、担当の方も言っていましたけど、設備に関しては
標準で済んでしまうので、同じような家が多くなってしまうとの事でした。

間取りの参考云々とは別にして、相方が「蔵のある家」を見たいと言うのでミサワの家も見てきましたが、確かに蔵は良いアイデアですよね〜。本来、屋根裏と見なす高さ1.4m以内の部屋が述べ床面積に含まれないという法律を逆手に取って(上手く利用して)1階と2階の間にそのスペース(蔵)を持ってきて、収納やユーティリティスペースとして使おうというものらしいです。すごくいいアイデアだけど、うちが契約した工務店じゃやってくれないだろうなぁ。やってくれたとしても費用が高くなりそう。

間取りの参考にはならなかったけど、実際に家の中に設備が設置された状態とかを見れたのは良かったです。こんなのは好き。こんなのは嫌いとかいうのもわかったりしましたしね。
特に相方は実物みないとイメージ出来ないらしいので。

後は各HMの営業攻勢がすごくないことを祈るばかりです。
posted by けい at 00:00| Comment(0) | 間取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。